ホーム住民基本台帳カードとは

住民基本台帳カード(住基カード)とは

住民票や戸籍証明書などのコンビニ交付をはじめとするいろいろなサービスが利用できます。

平成27年をもって発行を終了しました。

ご利用いただける「住民基本台帳カード」

Aタイプ(写真なし)

住民基本台帳カードAタイプ(写真なし)

「氏名」のみの記載

Bタイプ(写真あり)

住民基本台帳カードBタイプ(写真あり)

「生年月日、氏名、性別、住所」を記載

※Bタイプは運転免許証と同じように金融機関などで本人確認手段として正式に認められています。

カードの特徴
  1. 写真付きカードは、身分証明書として利用できます。

  2. 住民票の広域交付(本籍省略)ができます。

  3. e-Tax(国税電子申告・納税システム)などの電子申請・届出が利用できます。(公的個人認証サービスを登録している場合)

  4. 印鑑登録証と兼ねられます。

  5. キオスク端末の発行用カードとして利用できます。

  6. 町立図書館の貸出カードとして利用できます。
  7. 他市町村へ転出するときに、愛荘町にあらかじめ付記転出届を提出(郵送も可能)しておけば、転入先に転入届とカードを提出することで手続きができます。

詳しくは、下記へお電話でお問い合わせください。

愛知川庁舎住民課
TEL0749-42-7692

秦荘庁舎秦荘サービス室
TEL0749-37-8050

関連リンク

住民基本台帳ネットワークシステム(総務省)

住民基本台帳カード総合情報サイト(財団法人地方自治情報センター)

公的個人認証サービスポータルサイト(公的個人認証サービス都道府県協議会)

▲このページのトップに戻る