ホームキオスク端末操利用上の注意

キオスク端末操利用上の注意

暗証番号や申請内容を間違って入力した場合

間違った時点又は操作の途中において、「中止」、「もどる」又は「訂正」と表示された部分を押せば、操作をやり直すことができます。 ただし、暗証番号を3回続けて間違った場合は、登録された暗証番号は無効となりますので、窓口に申し出て、暗証番号の変更手続きをしてください。(暗証番号の変更手続きは、登録申請者本人に限ります。)

カードを忘れて帰った場合

取り忘れを防ぐために、音声による案内が鳴るようになっています。お帰りの際は、音声終了(停止)ボタンを必ず押してください。万が一忘れて帰られた後、取りに来られる場合は、運転免許証、パスポートなどの官公署発行の写真付身分証明書をご持参願います。

証明書を取り忘れた場合

取り忘れを防ぐために、音声による案内が鳴るようになっています。お帰りの際は、音声終了(停止)ボタンを必ず押してください。万が一忘れて帰られた後、取りに来られる場合は、証明書を発行したときの領収書と住民基本台帳カードまたは、マイナンバーカード(個人情報カード)をご持参願います。ただし、写真のないタイプの方は、運転免許証、パスポートなどの官公署発行の写真付身分証明書も必要となります。

暗証番号を忘れてしまった場合

暗証番号を忘れてしまった場合は、暗証番号変更届により、新たに暗証番号の登録をしてください。(暗証番号の変更届は、登録申請者本人に限ります。)来られる場合は、住民基本台帳カードまたは、マイナンバーカード(個人番号カード)をご持参願います。ただし、写真のないタイプの方は、運転免許証、パスポートなどの官公署発行の写真付身分証明書も必要となります。

キオスク端末の故障や操作がわからない場合

キオスク端末の故障やつり銭切れおよび両替機の故障、あるいは操作方法がわからない場合は、窓口の職員に連絡していただくか、インターホンをご利用ください。

▲このページのトップに戻る