ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > くらしの手続き > 届出と証明 > 戸籍

ここからページの本文です

戸籍

お問合せ先 住民課 電話番号42-7692 秦荘サービス室 電話番号37-8050

戸籍は人の身分関係を証明する唯一の公簿です。

郵便でも、戸籍、住民票の請求ができます。

戸籍の届出一覧表

出生届/死亡届

届出 届出期間 届出人 届出場所 届出に必要なもの
出生届 生まれた日から 14日以内 (14日目が休日の場合はその翌日)
  1. 父・母
  2. 同居人
  3. 医師・助産婦
  4. その他の立会人
父母の本籍地または届出人の住所地あるいは出生地のうち、いずれかの市区町村役場
  • 出生届 1通
  • 出生証明書(出生届についています。医師か助産婦
  • 記入者印が必要)
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳
  • 国民健康保険証
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 (7日目が休日の場合はその翌日まで)
  1. 同居の親族
  2. 同居していない家族
  3. 同居人
  4. 家主
  5. 地主・家屋管理人・地管理人
死亡者の本籍地または届出人の住所地あるいは死亡した場所のうちいずれかの市町村役場
  • 死亡届 1通
  • 死亡診断書(死亡届についています。医師の記入者印が必要)
  • 届出人の印鑑 ※ 届出に関し関連するもの
  • 国民健康保険証(加入者のみ)

愛知郡広域斎場ホームページ

婚姻届/離婚届

届出 届出期間 届出人 届出場所 届出に必要なもの
婚姻届 届け出た日に効力を生ずる 夫および妻 夫または妻の本籍地または、住所地の市区町村役場
  • 婚姻届 1通 (20歳以上の証人2人の署名押印が必要)
  • 戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書):夫・妻各1通(届け出先が本籍地の場合は不要。例えば届け出先が夫のみ本籍地の場合は、妻の戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)が必要)
  • 届出人の印鑑
  • 未成年者が婚姻届をする場合は、父母の同意が必要 ※ 届出に関し関連するもの
  • 国民健康保険証
  • 国民年金手帳
離婚届 届け出た日に効力を生ずる 夫および妻 夫婦の本籍地または住所地の市区町村役場
  • 離婚届 1通 (20歳以上の証人2人の署名押印が必要) ※ ただし、調停・裁判離婚の場合は申立人のみの届出で証人はいらない。
  • 戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書):現戸籍の謄本1通(届出先が本籍地の場合は不要)
  • 届出人の印鑑(妻は婚姻中の氏のもの)
  • 調停離婚のときは調停調書の謄本、審判または裁判離婚のときは、審判書もしくは判決の謄本と確定証明書
  • 未成年の子がいるときは、父、母いずれかが親権者になることを決めて届出。子の戸籍には変動なし
離婚のときの氏を称す届(戸籍法77条の2の届) 届け出た日に効力を生ずる離婚の日から3箇月以内 結婚のとき氏を変えた夫または、妻 本籍地および新本籍地または届出人の住所地の市町村役場
  • 離婚の際に称していた氏を称する届1通
  • 戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)1通 (離婚届と同日または、届出地が本籍地の場合は不要)

転籍届/入籍届

届出 届出期間 届出人 届出場所 届出に必要なもの
転籍届 届け出た日に効力を生ずる 戸籍筆頭者と配偶者 本籍地および新本籍地または届出人の住所地の市町村役場
  • 転籍届1通
  • 戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)1通 (町内で転籍の場合は不要)
  • 印鑑(筆頭者と配偶者のもの)
入籍届 届け出た日に効力を生ずる 入籍する者(15歳未満のときは親権者または後見人) 入籍する者の本籍地または届出人の住所地の市区町村役場
  • 家庭裁判所の許可書の謄本
  • 戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書):入籍する者の現戸籍の謄本1通
  • 新たに入籍する戸籍の謄本1通 (届出先が本籍地の場合は不要)
  • 届出人の印鑑
  • 養子縁組届、養子離縁届等上記以外の届については、住民課へお問い合わせください。
  • 婚姻届、離婚届、養子縁組届、養子離縁届の際には、第三者による虚偽の戸籍届出を未然に防止するため、届出持参者及び届出人全員に対し、本人確認を行っておりますので、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等本人の顔写真の貼付けされている官公署発行の身分を証する書面をご持参いただくようご協力をお願いします。

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる