ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > くらしの手続き > 税金 > 課税のあらまし

ここからページの本文です

課税のあらまし

お問合せ先 税務課(愛知川庁舎) 電話番号42-7690 秦荘サービス室(秦荘庁舎) 電話番号37-8050

町が仕事をすすめていくには、財源が必要となります。この財源には、みなさんが町に納めていただく“町税”と、国や県に納めていただいた税金が各市町村に配分される“地方交付税”などがあります。町税は、町の財源の大きな柱となっています。

※住民税と所得税のしくみが変わりました。詳しくはこちらをご覧ください。

一般的な税金

町県民税

納税義務者

1月1日現在で町内に住所があるか、事務所などを持っている人

税率

◎均等割 町民税3,500円/年・人、県民税2,300円/年・人

※県民税の均等割税率2,300円のうち、800円は琵琶湖森林づくり県民税分です。

◎所得割  標準税率採用 町民税6%、県民税4%

個人住民税(町県民税)の特別徴収について

法人住民税

納税義務者

町内に事務所や事業所などがある法人と、人格のない社団など

税率

◎均等割  標準税率採用

資本等の金額 町内の従業者数 税率(円)
50億円超 50人超 3,000,000
50億円超 50人以下 410,000
10億円超、50億円以下 50人超 1,750,000
10億円超、50億円以下 50人以下 410,000
1億円超、10億円以下 50人超 400,000
1億円超、10億円以下 50人以下 160,000
1千万円超、1億円以下 50人超 150,000
1千万円超、1億円以下 50人以下 130,000
1千万円以下 50人超 120,000
1千万円以下 50人以下 50,000

資本等の金額とは、資本の金額または出資の金額と資本積立金額との合計額です。

※平成26年税制改正による法人税割の標準税率および制限税率の引き下げに伴い、平成26年10月1日以降に開始する事業年度区分から、以下のとおり税率が変更となります。

  法人区分 税率 税率
平成26年9月30日以前に開始する事業年度 平成26年10月1日以降に開始する事業年度
 
14.5%
11.9%

固定資産税

納税義務者

1月1日現在で町内に土地、家屋、償却資産を持っている人

税率

◎標準税率採用  1.4%

軽自動車税

原動機付自転車及び二輪車等の税額

納税義務者

4月1日現在で原動機付自転車、小型特殊自動車および2輪の小型自動車を持っている人

税率

◎標準税率採用

  車種区分 税率(年額)
原動機付自転車  50cc以下 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
三輪以上(ミニカー) 3,700円
小型特殊自動車  農耕作業用 2,000円
その他 5,800円
二輪の軽自動車(125cc超250cc以下) 3,600円
二輪の小型自動車 (250cc超) 6,000円

三輪及び四輪の軽自動車の税額

納税義務者

4月1日現在で三輪及び四輪の軽自動車を持っている人

税率

◎標準税率採用

  車種区分 税率(年額)
平成27年度から 平成28年度から
【重課税率】
平成27年3月31日以前に新車新規登録を受けた車両 平成27年4月1日以後に新車新規登録を受けた車両 新車新規登録から13年を経過した車両
軽自動車 三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
四輪貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

※重課税率は、「燃料の種類」が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引自動車は除きます。

 

 

 

 

◆平成28年度に限り適用されていたグリーン化特例(軽課)の特例措置が1年延長になりました。
 これにより、平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新車新規登録を受けた三輪及び四輪の軽自動車で、次の基準を満たす車両について、平成29年度分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

  車種区分 税率(年額)
軽自動車 三輪 1,000円 2,000円 3,000円
四輪乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
四輪貨物 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

①電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)
②乗  用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
③乗  用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

 

国民健康保険税

納税義務者

国民健康保険に加入している世帯の世帯主(世帯主が国民健康保険の加入者でない場合でも、納税義務者は世帯主になります)

税率

以下の税率により区分ごとに算出された額の合計額(ただし、下記最高限度額を上限とする)
平成28年4月1日以降の税率です

◎所得割

課税標準に税率をかけた金額

医療分 後期高齢者支援費分 介護分(※1)
6.8% 2.6% 2.2%

課税標準:前年の所得の合計額から33万円を控除した金額

◎均等割 (被保険者一人につき)

医療分 後期高齢者支援費分 介護分(※1)
23,000円 9,000円 9,000円

◎平等割 (一世帯につき)

医療分 後期高齢者支援費分 介護分(※1)
21,500円 8,000円 6,500円

■保険税限度額

医療分 後期高齢者支援費分 介護分(※1)
540,000円 190,000円 160,000円

※1:介護分の税額が国民健康保険税に加算される方は、40歳以上65歳未満の国民健康保険加入者です。

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる