ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > くらしの手続き > 防災と安全 > 交通安全

ここからページの本文です

交通安全

お問合せ先 総合政策課(愛知川庁舎)電話番号0749-42-7684 (交通安全)

総務課(愛知川庁舎)電話番号0749-42-7680 (交通災害共済)

愛荘町交通安全計画

高齢者自転車用ヘルメット購入費補助制度

滋賀県では平成28年2月に『滋賀県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例』が施行され、自転車に関係する事故防止への取組みの重要性が高まっています。

愛荘町内で、平成23年から平成27年に発生した人身事故545件のうち、自転車が当事者となる人身事故が71件と全体の約17%を占めており、うち65歳以上の高齢者が第一当事者となる割合は約33%と非常に高くなっています。

このような現状を踏まえ、自転車を利用する高齢者のヘルメット着用を促進し、事故被害による受傷の軽減を図るため、平成29年4月1日より65歳以上の高齢者の方に対し、自転車用ヘルメットの購入費を一部助成する制度を始めました。

みなさまも自転車を乗車する際にはヘルメットを着用し、安心・安全な運転を心がけましょう!
補助の対象者となる用件
  • 愛荘町に住所を有する65歳以上の者で、かつ同一世帯内で町税等の滞納がない者。
  • 購入日から1年を経過していないこと。
 ※平成29年4月1日以降に購入したものが対象です。
補助対象物
  • 一般財団法人製品安全協会が定める安全基準に適合しているもの(「SGマーク」が貼付されているもの)

  • ヘルメットの助成は1人1個を限度とし、中古品または転売品を除く。
補助の金額
  • 補助額はヘルメット購入費の2分の1に相当する額(100円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額)とし、2,000円を限度とする。
申請に必要なもの
  • 愛荘町自転車用ヘルメット購入費補助金交付申請書兼請求書 〔PDF 160KB〕
  • ヘルメットを購入したことを証明する領収書または販売証明書 〔PDF 39KB〕
  • ヘルメットが安全基準に適合していることを証する書類またはSGマーク等が貼付されている箇所の写真
  • その他町長が必要と認めたもの

交通災害共済

万一の交通事故に備えて交通災害共済に家族そろって加入しよう

この制度は一人一人がわずかな掛金を出し合い、不幸にして交通事故にあわれた人へ見舞金をおくり救済しようと、県内の市町で構成している共済制度です。2月中旬に各世帯へ申込書を郵送しますので、金融機関窓口でお申し込みください。

年間掛金500円で、通院1日から見舞金が支給!(最大100万円)

加入できる人

愛荘町内に居住し、住民登録をしている、または愛荘町内に通勤通学をされている人です。

加入申込方法

申込書に申込者数と掛金金額を記入し、掛金(500円×人数)を添えて、下記金融機関窓口でお申し込みください。なお、申込書は切り取らず、そのまま金融機関窓口でお渡しください。

滋賀銀行、滋賀中央信用金庫、びわこ銀行、東びわこ農協

共済期間が4月1日からのため、3月31日までにお申込ください。4月1日以降のお申込みも各金融機関でお願いします。

共済期間

4月1日から1年間です。

4月1日以降に申し込まれた場合、申込日の翌日から翌年3月31日までになり、この場合も掛金は500円です。

見舞金請求方法

総務課(愛知川庁舎)に見舞金請求用紙がありますので、交通事故発生日から2年以内に請求手続きをしてください。(なお、平成21年3月31日以前の場合は1年以内に請求手続きをしてください)

  1. 加入者証(申込時にお渡しします)
  2. 交通事故証明書(自動車安全運転センター都道府県事務所長の発行する証明書)
  3. 医師の診断書(治療実日数のわかるもの。死亡の場合は、死亡診断書または死体検案書)
  4. 戸籍謄本(死亡の場合のみ)
  5. 印鑑
  6. 請求者名義の通帳(口座振込される場合は、口座番号がわかるものが必要)

※(2)(3)(4)はコピーでもかまいません。

こんなときに見舞金が支給されます
  • 道路でおきた車両等による交通事故で、1日でも通院されれば見舞金の支給対象になります。
  • 警察に届けられた交通事故はもちろん、次のような場合も対象になります。

例)歩行中、走行してきた自転車に接触して負傷した。
例)道路上で自転車に乗ろうとしてペダルに足を掛けそこない転倒し負傷した。
例)バスに乗車中、急ブレーキのため乗客が車内で転倒し負傷した。

こんなときは見舞金の支給はできません
  • 一般の交通のため開放されていない場所(例えば自動車教習所内、会社・工場等の敷地内など)で負傷された場合
  • 交通事故以外での見舞金は請求できません。
  • 飲酒運転、無免許運転、重大な過失による交通事故には、見舞金は支給されません。
等級 災害見舞金 災害の程度
1級 1,000,000円 死亡
2級 800,000円 自動車損害賠償保障法施行令別表の等級の区分の第1級各号に該当する障害、即ち両目が失明したもの、両上肢の用を全廃したもの、両下肢の用を全廃したものなど
3級 120,000円 医師の治療を要した期間が181日以上で、かつこの間の治療実日数(「入院治療日数および通院治療日数」以下同じ)が、121日以上の傷害
4級 70,000円 医師の治療を要した期間が91日以上で、かつこの間の治療実日数が61日以上の傷害
5級 40,000円 医師の治療を要した期間が31日上で、かつこの間の治療実日数が21日以上の傷害
6級 25,000円 医師の治療を要した期間が8日以上で、かつこの間の治療実日数が5日以上の傷害
7級 20,000円

医師の治療実日数が5日未満の傷害

加算 10,000円 通院治療に限り、ギプス固定期間が30日以上ある場合

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる