ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 健康と福祉 > 健康 > 予防接種

ここからページの本文です

予防接種

お問合せ先 健康推進課(保健センター) 電話番号42-4887

平成28年度 こども・高齢者予防接種

こども

B型肝炎予防接種
対象児 接種回数 受け方

生後2か月~1歳未満

3回

【標準的な接種期間】

1回目:生後2か月以上

2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をおいて接種

3回目:1回目の接種から139日(約20週)以上の間隔をおいて接種

※ただし、HBs抗原陽性の者の体内または産道において、B型肝炎ウイルスに感染するおそれのある者であって、抗HBsヒト免疫グロブリンの投与に併せて組み換え沈降B型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある児については、対象外となります。また、これまでにB型肝炎ワクチンを任意接種として受けた場合その回数分は、追加で接種する必要はありません。

 

町内指定医療機関に事前に予約して接種してください。

持ち物
予診票・母子健康手帳
健康保険証・乳幼児福祉医療券
実施期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日
ヒブワクチン
接種開始月齢 接種回数 受け方
2か月以上7か月未満 初回3回 27日~56日間隔で3回 
※医師が必要と認めた場合、20日で接種可(生後12月までに完了)
追加1回 初回終了後7~13か月後
7か月以上12か月未満 初回2回

27日~56日間隔で2回

※医師が必要と認めた場合、20日で接種可(生後12月までに完了)

追加1回 初回終了後7~13か月後
1歳以上5歳未満 1回  
小児用肺炎球菌ワクチン
接種開始月齢 接種回数 受け方
2か月以上7か月未満 初回3回

27日以上の間隔で3回

(生後24月までに完了)

追加1回

3回目接種から60日間以上の間隔を置いて1回

(生後12月から生後15月までに完了)

7か月以上12か月未満 初回2回

27日間以上の間隔で2回

(生後24月までに完了)

追加1回 2回目接種から60日間以上の間隔で、生後12か月を越えてから1回
1歳以上2歳未満 2回 60日間以上の間隔で2回
2歳以上5歳未満 1回  
四種混合(DPT-P)予防接種
対象児 接種回数 受け方
3か月~7歳6か月未満 1期初回3回 20日~56日間隔で3回受ける。
1期追加1回 1期初回3回目終了後、1年から1年半の間に受ける。
BCG予防接種
対象児 接種回数 受け方
1歳未満 1回 できるだけ5~8か月の間に受ける。
麻しん・風しん予防接種
対象児 接種回数 受け方
1歳~2歳未満
1期1回
1歳になったらできるだけ早く受ける。
5歳~7歳未満
2期1回

小学校就学前の1年間

(H29年4月1日~H30年3月31日まで)

水痘予防接種
対象児 接種回数 受け方
1歳~3歳未満
2回
6か月~12か月間隔で2回
日本脳炎予防接種
対象児 接種回数 受け方
生後6か月~
7歳6か月未満
1期初回2回 3歳の間に、6~28日までの間隔で2回受ける
1期追加1回 1期初回2回目終了後、おおむね1年後に受ける
9歳~13歳未満 2期1回  
日本脳炎予防接種特例対象者
対象児 接種回数 受け方

平成9年4月2日~
平成19年4月1日

生まれの者
1期初回2回
6~28日までの間隔で2回受ける
1期追加1回
1期初回2回目終了後、おおむね1年後に受ける
2期1回
1期追加終了後、おおむね5年後に受ける
  • 平成17年度の日本脳炎予防接種勧奨さしひかえにより、接種の機会を逃した平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの方については、対象者が20歳になるまで、日本脳炎予防接種を受けることができます。
二種混合(DT)予防接種
対象児 接種回数 受け方

11歳~12歳

(小学校6年生)

2期1回
H29年4月1日~H30年3月31日までに受ける
子宮頸がん予防ワクチン
対象児 接種回数 受け方
中1~高1に相当する年齢の女子 6か月間の間に3回 接種間隔はワクチンにより異なります。医療機関にお問い合わせください。
風しん予防接種費用助成について

妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる子どもが先天性風しん症候群(胎児が白内障・先天性心疾患・難聴等)にかかる可能性があります。先天性風しん症候群を予防するため、町では滋賀県の風しん抗体検査で風しんの抗体価が低い人を対象に風しん予防接種(麻しん風しん混合予防接種を含む)費用の助成を行います。

参考 風しん抗体検査について

 

<対象者>

予防接種を受ける日において、愛荘町内に住民登録のある、次の要件すべてに該当する人。

(1)妊娠を希望する女性およびその同居の方または風しん抗体価が低い妊婦の同居の方

(2)平成29年4月1日以降に滋賀県風しん抗体検査事業による検査を受け、風しん抗体

価が低い状態(HI法で16倍以下、EIA(酵素抗体)法で8.0未満または国際単位30IU/ml未満である状態をいう。以下同じ。)にある人で、その結果風しんワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチンの接種を行った方

※妊娠中の女性は、予防接種を受けることができません。

 

<助成額・回数>

◇予防接種に要した費用の2分の1(5,000円を上限とします)

※生活保護世帯に属する人は、接種費用の全額を助成します。

◇助成回数は1人につき1回までです。

 

<助成対象期間>

平成29年4月1日(土)から平成30年3月31日(土)までに滋賀県の風しん抗体検査を受け、予防接種を完了している人

 

<申請の方法(次の書類を準備し、健康推進課へ申請してください)>

(1) 愛荘町風しん任意予防接種費用助成金交付申請書(兼請求書)(様式第1号)

(2)領収書(被接種者氏名、予防接種名、接種費用、接種日および医療機関名がわかるもの)

(3)滋賀県風しん抗体検査事業での抗体検査結果書(風しんの抗体価が低い状態にあること、被検査者名、検査名、検査日および医療機関名がわかるもの)

(4)通帳のコピー(振込先口座番号がわかるもの)

 

<助成の決定>

審査の後、助成決定通知書を送付、指定の口座に振り込みます。

 

高齢者

町内指定医療機関または豊郷病院で事前に予約して接種してください。

持ち物
予診票・健康手帳・個人負担金

 
 
 
高齢者インフルエンザ予防接種
  • 生活保護世帯に属する方は、事前申請により個人負担金が無料となります。必ず接種までに、印鑑を持参のうえ、健康推進課に来所してください。
実施時期 対象者 個人負担金

平成29年10月1日~

平成29年12月28日

・65歳以上の人

・60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいを有する方(身体障害者手帳1級該当の方)

1,300円
高齢者の肺炎球菌感染症予防接種
  • 生活保護世帯に属する方は、事前申請により個人負担金が無料となります。必ず接種までに、印鑑を持参のうえ、健康推進課に来所してください。
実施時期 対象者 個人負担金

平成29年4月1日~

平成30年3月31日

・平成29年度末に65、70、75、80、85、90、95、100歳になる方

・60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいを有する方(身体障害者手帳1級該当の方)

※過去に肺炎球菌ワクチンを接種されたことのある方は、定期接種の対象となりません。

2,440円

町内指定医療機関

石川医院・野口小児科・世一クリニック・上林医院・北村医院・矢部医院・中川クリニック・成宮クリニック

※ 電話番号は「緊急連絡先一覧」の「病院関係」「町内診療所ガイド」をご覧ください。

個別の予防接種は、町内指定医療機関で接種する事を原則としていますが、町外におられる主治医のもとで接種を希望される場合は、接種する前に町外接種の手続きが必要です。健康推進課へ一報してください。手続きには1週間から10日程度時間がかかりますので、余裕をもって電話してください。

電話 0749-42-4887

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる