ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町政・町議会 > 農業・産業・林業 > 農業 > 農地法第3条許可申請書提出について

ここからページの本文です

農業 - 農地法第3条許可申請書提出について

お問合せ先 農林振興課(秦荘庁舎) 電話番号37-8051
農業委員会事務局(農林振興課内)

前のページに戻る

農地法第3条許可申請書提出について

農地についての権利を設定移転する場合は、農地法の規定に基づく許可申請が必要となりますので、許可区分に注意し関係書類を整えて事務局まで提出してください。(郵送不可)また、申請にかかる関係書類は事務局に備えております。なお、申請内容については、事前に事務局まで確認してください。

(1)提出日

毎月5日から15日までの間に農業委員会事務局まで提出

(2)許可区分

農業委員会許可の場合等(1部提出)-町内にある農地の権利を取得する場合。

(3)添付書類(◎は必ず添付)

◎許可申請書
  • 申請者の氏名および住所は、住民票の住所、氏名を記載
  • 登記簿謄本住所と申請人住所が異なる場合は住民票記載事項証明書を添付
  • 申請者の署名は必ず本人が自署
◎申請農地の登記簿謄本(6ヶ月以内のもの)
  • 相続登記を完了していない場合には、速やかに相続登記を完了し、所有者を確定したのちに申請してください。
◎申請農地の位置図
  • 図面の中央に申請地を表示(1/10000および1/2500程度 双方必要)
    ※ 住宅地図は使用できません。
◎理由書
  • 譲受人、譲渡人ごとに、その事由の詳細を明らかにしてください。
◎誓約書
  • 申請農地に於いて、3年3作以上耕作をする旨の誓約をしてください。
◎愛知川沿岸土地改良区組合員の農地資格交替通知書
◎担当地域の農地利用最適化推進委員(農業委員会)の意見書
  • 関係書類を全部整えて詳しく説明して確認印・意見欄・日付を記載してもらう。

以下は、申請者の条件等により提出する必要があります。

○耕作証明書
  • 譲受人の耕作農地が愛荘町以外にある場合、該当農業委員会が発行する証明書。
○営農計画書
  • 申請前の耕作面積が下限面積(50a)に達しない申請者および新規就農者の場合。
○小作人の同意書
  • 小作農地について小作人以外の者が所有権を取得しようとする場合は、小作人の同意が必要です。
○権利者の同意書または抹消承諾書
  • 取得しようとする農地等に仮登記、差押、仮処分の権利が設定されている場合は、権利者の同意。所有権移転の場合は権利者の抹消承諾。
○組合員資格得喪通知書
  • 秦荘土地改良区および愛知川土地改良区域内に申請農地がある場合。
○その他必要と認められる書類

留意事項

次の一に該当する場合には、許可することができません。

  • 取得後において、経営する農地面積が世帯単位で50aに達しない場合。ただし、次の区域は40aとする。愛知川、中宿、沓掛、市、川久保、石橋、長野、川原、山川原 (全て旧愛知川町)
  • 譲受人が従来から違法な貸付地、違反転用、不耕作地等があり耕作等の事業を必ず行うと認められない場合。

ページの先頭へ戻る

前のページに戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる