ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町政・町議会 > 農業・産業・林業 > 農業 > 農業委員会法改正について

ここからページの本文です

農業委員会法が改正されました

お問合せ先 農林振興課 電話番号37-8051 農業委員会事務局(農林振興課内)

前のページに戻る

平成28年4月1日より農業委員は、町長の任命制となりました

農業委員会等に関する法律の一部が改正され、これまでの選挙による選出から市町村長の任命制へ変更となりました。

1、農業委員の推薦・公募

  1. 公選制から任命制に
    農業委員の選出方法は町長が議会の同意を得て任命することになりますが、任命に当たって、あらかじめ地域の農業者や農業団体等に候補者の推薦を求めるとともに、公募も行います。また、推薦と公募の結果は公表されます。
  2. 認定農業者等を委員の過半に、利害関係者以外も登用
    区域内に認定農業者が少ない場合などを除いて、農業委員の過半数は認定農業者等であることが求められています。また、農業委員会の事務等に関して利害関係のない者を1人以上含めることも求められています。
  3. 女性や青年の登用促進
    農業委員の年齢、性別等に著しい偏りが生じないように女性や青年の登用が求められています。

2、農地利用最適化推進委員の設置

  1. 農業委員会の役割
    今回の法改正では、「農地等の利用の最適化の推進」が農業委員会の義務業務となり、担い手への集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消、新規参入に積極的に取り組んでいくこととなります。
  2. 農業委員会は農地利用最適化推進委員を委嘱します
    農業委員会は、農地等の利用の最適化の推進に取り組む体制を強化するため、農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する者のうちから農地利用最適化推進委員を委嘱します。
    農業委員会は、区域ごとに農業者等から推進委員の候補者の推薦をもとめ、希望者を募集し、その結果を公表します。
  3. 「農地等の利用の最適化」に関して農業委員と推進委員は同じ立場で推進します
    農業委員会の総会は推進委員に対して担当地域における活動の報告をもとめることができ、推進委員も総会に出席して意見を述べることができます。

3、農業委員及び農地利用最適化推進委員の推薦・応募

農業委員と農地利用最適化推進委員の推薦・応募の手続きは、同時に行うことができ、農業委員と農地利用最適化推進委員の両方の候補者となることができます。(委員を兼ねる事はできません。)

※ 現在は、応募期間外です。

ページの先頭へ戻る

前のページに戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる