ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > ふるさと納税

ここからページの本文です

ふるさと納税

お問合せ先 総務課(愛知川庁舎) 電話番号42-7680

ふるさと納税を活用し、愛荘町を応援してください

愛荘町ふるさと納税制度のご案内

愛荘町では「がんばる愛荘町まちづくり応援寄付条例」を制定し、住民主体のまちづくりの取り組みを行っています。 「ふるさと納税制度」を活用し、自然と人が輝き、豊かさを協働で追求する“心ふれ愛・笑顔いっぱいの元気なまち”のまちづくり実現に向け全国の皆様からの応援をお願いします。 なお、愛荘町にご寄付いただきますと、所得税と住民税から寄付額が一定の限度まで控除されます。

「ふるさと納税制度」とは

ふるさと納税といっても、ふるさとに直接納税するのではなく、ふるさとと思われる地方公共団体へ寄付金を送ることにより、その公共団体(自治体)を元気づけ、応援できる制度です。  愛荘町に2千円を超える寄付をしていただいた場合は、2千円を超える金額について、一定の限度額までは住所地へ納税している個人住民税や所得税から控除される制度で、税額の控除された額がふるさとに納税したのと同様の結果となるものです。
控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行うことが必要です(原則)。確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。(平成27年4月1日以後に行われるふるさと納税について適用)

総務省 ふるさと納税ポータルサイト

がんばる愛荘町まちづくり応援寄付について

愛荘町は琵琶湖の東部、湖東平野に位置し、古くから水との関わりが深く、美しい自然環境がさまざまな産業を発展させました。この条例は、次世代に引き継ぐべき地域資源の保存、活用や“心ふれ愛・笑顔いっぱいの元気なまち”をめざして、さらなる発展を図るために寄付金を募り、それを財源として寄付者の想いを具現化し施策に反映することにより、多様な人々の参加による活力ある住みよいまちづくりに資することを目的としています。愛荘町に大切な方がお住まいの方、当町の取組みを後押ししたいとお考えの方、多くの皆様からのご支援をお待ちしております。
5,000円以上の寄付をいただいた方にはお礼として、愛荘町に縁のある『愛荘町ふるさと納税特産品協力事業所』から町の厳選特産品をお送りいたします。

寄付金の使い方

皆様からいただいた寄付金をより有効に活用するため、次の事業から指定いただき、いったん「基金」に積み立て、活用させていただく予定です。

  1. 安心すこやか健康・福祉のまちづくりのための事業
    (健康づくりの推進、子育て支援、高齢者や障害者福祉の充実など)
  2. 安全・安心・やすらぎ環境のまちづくりのための事業
    (居住環境の整備、地域安全と防災体制の強化、環境の保全など)
  3. 明日を拓く都市基盤のまちづくりのための事業
    (土地利用の推進、情報ネットワークの整備など)
  4. 元気な産業活力のまちづくりのための事業
    (農林業・商工業・観光の振興など)
  5. 共に育つ学びと文化のまちづくりのための事業
    (教育の充実、生涯学習の推進、歴史文化の継承、青少年の健全育成など)
  6. 共に築く協働のまちづくりのための事業
    (人権の尊重、男女共同参画社会の構築、コミュニティの振興など)
  7. その他、町長が必要と認める事業

寄付金の申込方法

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」からお申込みください。

 

 

寄附金税額控除に係る申告特例(ワンストップ特例)

ワンストップ特例制度を利用される方は、下記から申請書をダウンロードして、必要事項を、記入・捺印の上必要書類を添付して(個人番号カードのコピー、通知カードのコピー、運転免許証のコピーなど)寄付を行った年の翌1月10日までに愛荘町役場総務課に必着となるよう郵送してください。

 

総務省 ふるさと納税ポータルサイト(「ワンストップ特例制度」の創設)

 

寄付金の状況

多くの皆様からご寄付をいただき、心からお礼申し上げます。
「がんばる愛荘町まちづくり応援寄付金」としてご寄付いただいた状況についてお知らせします。

平成28年度受付状況(2月末現在)

寄付者ご紹介(平成28年度)

過年度受付状況

 

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる