ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町長の部屋 > 施政方針 >平成18年 12月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

ここからページの本文です

町長の部屋

ようこそ町長室へ

平成18年 12月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

本日、ここに平成18年12月愛荘町議会定例会をお願いいたしましたところ、議員各位には、何かとご多忙の中にもかかわりませず、早朝よりご出席賜り、厚く御礼申しあげます。
平素は、議員各位におかれましては、町政各般にわたりまして格別のご支援、ご協力をいただいておりますことを心から厚く御礼申しあげる次第でございます。

提出議案の説明

さて、今期定例会に提案いたします議案についてご説明を申しあげます。
条例制定、一部改正ならびに廃止条例議決案件6件、町道の路線変更の認定につき議決を求めることについて、愛知郡広域行政組合規約の変更について、湖東広域衛生管理組合規約の変更について、滋賀県後期高齢者医療広域連合の設立について、予算関係でございますが、平成18年度愛荘町一般会計補正予算(第4号)、愛荘町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、愛荘町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)、愛荘町下水道事業特別会計補正予算(第3号)ならびに愛荘町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)の5件でございます。
あわせて15案件をご提案させていただきました。

条例案件

条例制定、一部改正ならびに廃止条例議決案件6件につきまして説明をさせていただきます。
まず、副町長の定数を定める条例制定議決案件につきましては、地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布されたことにより、副町長の定数は条例で定めることと規定されましたので新規制定をお願いするものであります。
次に、特別職の職員で常勤の者の給与および旅費に関する条例の一部改正条例議決案件につきましても、地方自治法の改正により、町の助役にかえて町に副町長を置くことと規定されましたので条文の一部改正をお願いするものです。
続きまして、愛荘町に収入役を置かない条例を廃止する条例案件につきましても、地方自治法の改正により出納長および収入役が法によって廃止され、普通地方公共団体に会計管理者1人を置くことと規定されたことにより条例を廃止するものでございます。
また、愛荘町監査委員に関する条例の一部改正条例案件につきましても、地方自治法の改正により条文の整備をするものでございます。
次に、税条例の一部を改正する条例ならびに国民健康保険税条例の一部を改正する条例案件ですが、地方税法等一部を改正する法律が平成18年3月31日に公布されたことに伴いまして、関係条例の一部を改正するものでございます。
次に、町道の路線変更の認定につきまして議決を求めることについては、旧4路線を新3路線に区域変更することにつき議決を求めるものでございます。
次に、愛知郡広域行政組合規約の変更についてならびに湖東広域衛生管理組合規約の変更につきましては、地方自治法の改正によりまして組合規約の変更をするものでございます。
次に、滋賀県後期高齢者医療広域連合の設立については、滋賀県内のすべての市町をもって組織し、高齢者の医療の確保に関する法律および同法に基づき、後期高齢者医療の事務を処理する組織を設立するもので、地方自治法291条の11の規定により議決を求めるものでございます。

平成18年度補正予算案

次に、平成18年度愛荘町一般会計補正予算および特別会計の補正予算案でございます。
まず、平成18年度愛荘町一般会計補正予算(第4号)でございますが、補正額は歳入歳出それぞれ1,426万6,000円を減額し、総額84億9,325万1,000円にお願いするものでございます。
次に、4特別会計の補正予算でございますが、まず平成18年度愛荘町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございますが、歳入歳出それぞれ6,701万5,000円を増額し、総額14億2,876万7,000円にお願いするものでございます。
続きまして、平成18年度愛荘町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出それぞれ260万円を増額し、総額15億7,750万円にお願いするものであります。
次に、平成18年度愛荘町下水道事業特別会計補正予算(第3号)では、歳入歳出それぞれ376万円を減額し、総額16億4,060万4,000円とするものであります。
次に、平成18年度愛荘町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出それぞれ4,630万円を増額し、総額8億7,596万円とするものでございます。
以上、平成18年12月愛荘町議会定例会に提案させていただきましたので、何とぞご慎重な審議の上、ご議決賜りますようお願い申しあげまして提案の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

平成18年12月4日

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる