ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町長の部屋 > 施政方針 > 平成20年 12月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

ここからページの本文です

町長の部屋

ようこそ町長室へ

平成20年 12月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

本日ここに、平成20年12月愛荘町議会定例会をお願いいたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の中にかかわりませず、早朝よりご出席賜わり、厚く御礼申し上げます。
平素は、議員各位におかれましては、町政各般にわたりまして格別のご支援、ご協力をいただいておりますことに対しまして、心から厚く御礼申し上げます。

はじめに

さて、愛知郡役所の保存問題につきましては、数少ない貴重な文化遺産として、これの保存・活用を強く望まれる住民の方々から、現在までに2団体・8,000人を超える署名を添え、町当局や議会、建物所有者であるJA東びわこに要望書を提出されているところでございます。また、資金捻出の一助とするため、募金活動や自主的なチャリティーショーの開催などをされてきました。そして、一昨日、100万円の寄附を申し出られたところでございます。これまで保存を熱望され積極的な運動を展開されてきました関係者の熱意に、敬意を表する次第であります。
この建物の保存問題につきましては、合併前の旧愛知川町時代から、建物自体の詳細な調査や保存のあり方について検討されてきた経過がございます。今日、JA当局は、これを取り壊し、将来の事業に活用する用地として、早期の解決を迫っているところであります。
町といたしましては、80数年前に建てられたこの建物について、歴史的・文化的な価値をある程度評価しつつ、現在におけるまちづくりの活用方法について種々検討をしてまいりました。
その結果、この建物は、収蔵品を含め専門家が近代遺産としての文化財的活用を認めているところであり、一方、活用につきましては、観光や景観、町の風格にも寄与し、文化活動・住民活動の拠点にもなり、地域の活性化にふさわしい建物であり、愛荘町の将来に引き継ぐべき貴重な財産として保存方法を検討したいと考えているところでございます。
仮にこれを失うことになれば、後世の人たちに申し訳なく、再生できない代償と悔いが残ることになるのではないかと危惧しているところでございます。
建築家の東大教授、安藤忠雄さんは、「まちは自分たちで育てていくものです。これからの時代は、まちの美しさも一つの生活の基準になるでしょう。その美しさを地域に生活するみんなで育てたいということが人々の誇りになり、その誇りのあるまちづくりこそが大切だと思います」ということを安藤さんがコメントされております。
これを残すことができれば、民の力を借りて最少の経費で維持管理すべきと考えているところでございます。今議会に保存に向けた調査費140万円を補正予算に提案させていただきましたので、ご審議のほどを賜りたいと思います。
次に、住民サービス向上の一環として、パスポートの交付を町で実施することにつきましては、これまで6月議会・9月議会をはじめ、事あるごとに考えを述べ、説明をさせていただいてきましたが、今般、時期尚早としてご理解をいただくことができませんでした。今議会の補正予算で一旦計上いたしました必要経費112万円は取り下げをさせていただきましたが、この業務につきましては、住民へのサービス向上、あるいはCO2削減効果等も大きく、今後とも住民の皆さんの意見を十分に聞きながら、慎重に検討をさせていただきたいと考えております。

提出議案の説明

さて、今期定例会に提案いたします議案につきましてご説明を申し上げます。報告案件1件、改正条例議決案件4件、町道の路線の認定議決案件1件、湖東広域衛生管理組合規約の変更議決案件1件、平成20年度愛荘町一般会計補正予算(第6号)ならびに愛荘町国民健康保険事業特別会計補正予算・後期高齢者医療事業特別会計補正予算・下水道事業特別会計補正予算・介護保険事業特別会計補正予算の予算案件5件、合わせまして12案件を提案させていただきました。
まず、報告案件につきましては、秦荘西小学校大規模改修第2期工事請負契約の変更に伴う専決処分の報告であります。
次に、改正条例議決案件4件につきまして説明をさせていただきます。
議案第78号愛荘町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例ならびに議案第79号愛荘町職員の自己啓発と休業に関する条例の一部を改正する条例につきましては、株式会社日本政策金融公庫法等の施行の施行に伴い、関係条例の一部改正をお願いするものでございます。
次に、議案第80号愛荘町税条例の一部を改正する条例につきましては、町民税等の延滞金の減免規定の整備と前納報奨金の率の見直しに伴い、関係条例の一部改正をお願いするものでございます。
次に、議案第81号愛荘町立福祉センターラポール秦荘ふれあい福祉施設条例の一部を改正する条例につきましては、施設利用者に対する受益者負担の原則と公平性を確保するために、関係条例の一部改正をお願いするものでございます。
次に、議案第82号町道の路線の認定につき議決を求めることにつきましては、新たに1路線を町道にすることについて議決を求めるものでございます。
次に、議案第83号湖東広域衛生管理組合規約の変更につきましては、湖東広域衛生管理組合が共同処理しております事務の区域を変更することに伴い、規約の一部変更を行うものでございます。
次に、議案第84号から88号までの5議案につきましては、平成20年度愛荘町一般会計補正予算ならびに各特別会計補正予算であります。
まず、議案第84号平成20年度愛荘町一般会計補正予算(第6号)でございますが、補正額は歳入歳出それぞれ8,028万9,000円を増額し、総額を79億8,791万5,000円にお願いするものであります。
それでは、歳入補正予算の主なものを申し上げます。
まず、地方特例交付金でありますが、道路特定財源でありますガソリン税の暫定税率部分が、今年の1か月分が引き下げられましたが、これの補てん分として地方税等減収補てん臨時交付金209万3,002円の追加、交付税の地方交付税も地方税と減収補てん臨時交付金分として342万3,000円の補正の追加となりました。
国庫支出金につきましては、国からの児童手当負担金として2,740万8,000円の追加、秦荘幼稚園建設事業にあてます市町村合併推進体制整備費補助金4,200万円の追加、地域活性化・緊急安心実現総合対策として500万円が追加交付をされたところであります。
県支出金につきましては、国庫支出金と合わせて民生費県負担金1,768万8,000円の追加、民生費県補助金267万9,000円の減額などによるものでございます。
次に、寄付金につきましてですが、9月議会で条例制定していただきました「がんばる愛荘町まちづくり応援寄付金条例」、通称ふるさと納税でございますけれども、これに基づきまして10万円のご寄附をいただき、これを追加するものでございます。
諸収入につきまして、その主なものは、琵琶湖が境界設定に伴い交付税対象になりましたため、当町へ琵琶湖総合保全市町交付金として300万円が追加交付され、これを林業振興事業・河川管理事業に充当するもので、合わせて311万6,000円の増額となります。
町債につきましては、主に秦荘幼稚園建設分として、市町村合併推進体制整備費補助金が追加交付をされたことに伴いまして、合併特例債4,500万円を減額するものでございまして、町債全体で4,660万円の減額となります。
一方、歳出補正予算の主なものを申し述べます。
旧愛知郡役所庁舎の補強に関する調査設計業務として、140万円を計上させていただきました。高齢者制度改正に伴う電算システム開発経費800万円を含む電子計算運営事業として1,154万9,000円の増、国民健康保険事業および後期高齢者医療事業特別会計繰出金853万7,000円の増、各種福祉事業の実績見込みにより、障害福祉総務事業1,307万7,000円の増、共同作業所入所事業629万3,000円の減、自立支援給付事業3,836万6,000円の増、児童手当事業1,475万円の増などでございます。
また、来年度開設を予定しております子育て支援センターの設計委託料として、130万円を増額するものでございます。
土木関係では、昨年、近江鉄道踏切で死亡事件が発生しました。この踏切の保安設備整備事業を行います鉄道会社への補助金として、170万4,000円を計上いたしました。
教育関係費につきましては、小・中学校施設の修繕費75万7,000円の増、給食にかかる燃料費や電気代の不足によるもの85万4,000円の増額でございます。
また、歳入でも申し上げましたとおり、ふるさと納税として寄附いただきました10万円を、がんばる愛荘町まちづくり基金に積み立てるため繰り出すものであります。
次に、地方債の補正でありますが、合併特例事業4,500万円、農業農村整備事業160万円をそれぞれ減額するものであります。
そのほか全般的に各項目ごとの人件費の精査を行い、総額642万7,000円の人件費減額となっております。
次に、議案第85号国民健康保険事業特別会計補正予算でございますが、療養給付金の増額など歳入歳出合わせまして2,614万7,000円増額し、予算総額16億3,083万8,000円とするものであります。
次に、議案第86号後期高齢者医療事業特別会計補正予算でございますが、広域連合への納付金1,652万7,000円の減額により、予算総額1億2,238万4,000円とするものであります。
次に、議案第87号下水道事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、人件費の精査により150万円を減額し、予算総額17億9,925万円とするものあります。
次に、議案第88号介護保険事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、介護事業サービスの予算精査などによりまして、歳入歳出合わせて75万2,000円を追加し、予算総額9億6,089万9,000円とするものであります。
以上、平成20年12月愛荘町議会定例会に提案をさせていただきました。何どぞ慎重なご審議の上ご議決賜りますようお願い申し上げまして、提案趣旨の説明とさせていただきます。

平成20年12月10日

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる