ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町長の部屋 > 施政方針 >平成24年6月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

ここからページの本文です

町長の部屋

ようこそ町長室へ

平成24年6月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

はじめに

本日、ここに平成24年6月愛荘町議会定例会をお願いいたしましたところ、議員各位には早朝よりご出席賜り、厚く御礼を申し上げます。
冒頭にお時間をいただきましてお詫びを申し上げたいと存じます。
先般、3.11大災害のご被災者に対する義援金を、当町担当職員が着服するという信じがたい不祥事を起こしてしまい、善意を寄せていただきました皆様およびご被災者、関係者に対して心からお詫び申し上げます。私たちはあまりのショックに言葉を失っているという状況であります。誠に申し訳ございませんでした。
この不祥事は、今年3月、義援金を寄せられた方からの問い合わせにより調査した結果、発覚したものであります。当町では、このことの重大さに気づき、直ちに調査に入り、3件で9万533円の着服が判明いたしました。義援金をあげていただいた人々の善意を踏みにじった極めて悪質な行為であり、警察当局に報告するとともに刑事告訴をいたしました。その結果、先刻5月29日、当町34歳の福祉課職員が逮捕されました。
昨年3.11直後からこの苦難を共有し、被災者の方々への支援の手を差し延べようと私たちにできることを住民の皆様と共に精一杯頑張ろうと取り組んできました。愛荘町としても救助救援、給水活動、避難所へ職員の派遣、被災者の避難所確保と受け入れ態勢の整備、また、救援物資の受け入れおよび被災地への搬送ならびに日本赤十字社中央共同募金会の義援金受け入れの取りまとめなどを行い、多くの住民の皆様から金品をお寄せいただきました。当町でお受けいたしました義援金は1,080万円を超え、先の2つの機関に納入をいたしております。
このような努力も、今回の不祥事で一瞬にして水泡に帰してしまいました。残念至極で、言葉に言い尽くせない無念さで一杯であります。毎日いろいろな会合でお詫びいたしております。これからは組織挙げて全力で、信頼回復のため職員一丸となって精進してまいる所存であります。町民の皆様をはじめ多くの関係者に多大のご迷惑とご心配をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。

提出議案の説明

さて、今期定例会に提案いたします議案について、ご説明を申し上げます。
報告案件2件、改正条例の専決処分承認案件2件、平成23年度愛荘町一般会計ならびに特別会計の補正予算の専決処分承認案件3件、条例改正議決案件2件、町道の路線の認定議決案件1件、平成24年度愛荘町一般会計補正予算(第1号)ならびに後期高齢者医療事業特別会計補正予算・介護保険事業特別会計補正予算・下水道事業特別会計補正予算、合わせて15案件をご提案させていただきました。
まず、報告案件2件につきましては、平成23年度滋賀県市町土地開発公社決算報告ならびに23年度愛荘町繰越明許費繰越計算書の報告でございます。
次に、改正条例の専決処分承認案件2件につきましては、いずれも法令等の改正に伴うものであります。税条例ならびに固定資産税の不均一課税に関する条例におきましては、3月31日付けで専決処分したものの承認をお願いするものであります。
平成23年度一般会計ならびに特別会計の補正予算専決処分承認案件3件につきましては、一般会計・住宅新築資金等貸付事業特別会計・国民健康保険事業特別会計・下水道事業特別会計におきまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、それぞれ3月31日付により専決処分いたしましたので、承認をお願いするものであります。
次に、条例改正議決案件2件につきましてですが、議案第42号愛荘町行政組織条例等の一部を改正する条例につきましては、住民基本台帳法が改正されまして、外国人住民について、これまでの外国人登録制度が廃止され、日本人住民と同様に住民基本台帳の適用となります。この7月9日から施行されるため、必要な条例整備を行うものであります。この改正条例で5本の関係条例を改正いたすものでありまして、愛荘町行政組織条例、住民基本台帳カード利用条例、印鑑条例、犯罪被害者支援条例、手数料条例のそれぞれ必要改正であります。
次に、議案第43号文化財保護条例の一部を改正する条例につきましては、新たに有形文化財8件を町指定文化財として指定されたことにより、関係条例の一部改正をお願いするものでございます。
次に、議案第44号町道の路線認定につき議決を求めることにつきまして、1路線を再認定することにつき議決を求めるものでございます。
次に議案第45号~第48号までの4議案につきましては、平成24年度愛荘町一般会計補正予算ならびに各特別会計補正予算であります。
まず議案第45号平成24年度愛荘町一般会計補正予算(第1号)でございますが、補正額は27万7,000円を増額し、総額を84億1,427万7,000円とするものでございます。補正の主なものでありますが、去る4月3日に突風によりまして、多くの町施設に損害を被りました。そのため、再開による修繕が必要となり、愛知川幼稚園採光部の修繕、秦荘幼稚園吊り天井および瓦の修繕、愛知川東小学校・秦荘西小学校いずれも体育館の屋根の修繕、給食センターエアコンの熱交換機の交換で、総額合わせまして約700万円を追加することとなりました。また、懸案でありました病児、つまり病気にかかった子ども、病後の子どもを保育する事業を広域で取り組むこととなりまして、その費用負担43万円の増額、つくし保育園に防犯カメラを設置する費用129万円の増額などを補正いたします。
次に議案第46号平成24年度愛荘町後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、平成24年度後期高齢者保険料率の決定に伴いまして、歳入歳出それぞれ699万6,000円を減額し、総額1億4,400万4,000円にするものであります。
次に議案第47号平成24年度愛荘町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)では、介護保険料の確定および人事異動に伴い、歳入歳出それぞれ360万円を追加し、総額12億260万円とするものであります。
次に議案第48号平成24年度愛荘町下水道事業特別会計補正予算(第1号)では、歳入歳出それぞれ90万円を追加し、総額12億520万円とするものであります。
以上、平成24年6月愛荘町議会定例会に提案をさせていただきました。何とぞ慎重なご審議のうえ、議決賜りますようお願い申し上げまして、提案趣旨の説明とさせていただきます。

平成24年6月8日

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる