ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町長の部屋 > 施政方針 > 平成25年6月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

ここからページの本文です

町長の部屋

ようこそ町長室へ

平成25年6月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

はじめに

皆さん、おはようございます。早朝から大変ご苦労さんでございます。本日ここに、平成25年6月愛荘町議会定例会をお願いいたしましたところ、議員各位にはご出席賜り、厚く御礼を申し上げます。
さて、先般の報告をちょっと入れさせていただきますが、先日、本県に来県されていた自民党の河野太郎議員と、米原市長とともに長浜でお会いをいたしました。河野さんは「超党派の原発ゼロの会」の発起人であり、私たちは「脱原発首長の会」のメンバーであります。昨年、国会議員会館内で河野さんたちゼロの会と、脱原発首長会が文部官僚など関係官僚とともに勉強会がありました。河野さんの迫力ある追及に圧倒されたところであります。
先日、長浜では河野さんは30分ほど時間を取ってくれまして、いろいろと話を聞かせていただきました。その中で1点だけ報告をさせていただきますが、安倍さんは原発再稼働には熱心であるけれども、発電部門と送電部門を別会社にする発送電分離と電力販売の全面自由化については、強力に進め閣議決定まで持ち込んでいると、あなたの町もぜひほかの電力を販売している会社、いくつかあるようですけれども、この電力購入を検討してみたらどうですかと、このような提案をいただいたところであります。大津市も検討を始めたようですし、本町もぜひ、どのぐらいのメリットがあるのか、参入する業者があるのかどうか、こういった点も含めて検討する価値があるかなというふうに感じた次第であります。

提出議案の説明

さて、今期定例会に提案をいたします議案についてご説明を申し上げます。人事案件1件、報告案件3件、改正条例の専決処分承認案件2件、平成24年度愛荘町一般会計の補正予算の専決処分承認案件1件、条例制定案件2件、改正条例の議決案件5件、規約を定める議決1件、指定管理者の指定に伴う議決1件、次に予算案ですが、今年度平成25年度一般会計の補正予算ならびに介護保険事業特別会計の補正予算、下水道事業特別会計補正予算、以上19案件をご提案させていただきました。
概要を申し上げます。まず、人事案件につきましては、人権擁護委員1名の任期満了に伴い、法務大臣に推薦するため人権擁護委員法の規定に基づき議会の意見を求めるものでございます。
次に、報告案件3件につきましてですが、まず1つ、平成24年度滋賀県市町土地開発公社決算報告ならびに愛荘町繰越明許費繰越計算書、平成24年度愛荘町事故繰越計算書の報告であります。
次に、改正条例の専決処分承認をいただく2件についてでありますが、いずれも法例の改正に伴うものでございまして、税条例ならびに国民健康保険税条例におきまして、3月31日付けで専決処分させていただいたものの承認をお願いするものであります。
次に、平成24年度愛荘町一般会計補正予算専決処分の承認をいただくことにつきましては、一般会計について特別交付税2億1,300万円の増額などにより、年度末に3億300万円を基金に積み立てるなど、3月31日付けにより専決処分いたしましたので承認をお願いするものであります。
次に、条例制定案件2件についてでありますが、まず、愛荘町自治基本条例の制定につきましては、先の3月議会から慎重審議いただいております住民と行政の協働のまちづくりを進めるうえでの基本的なルールやシステムを定めるため、愛荘町自治基本条例を制定するものでございます。
次に、愛荘町子ども・子育て会議条例の制定につきましては、子ども・子育て支援法第77条の規定に基づく審議会として「愛荘町子ども・子育て会議」を設置し、その組織・運営に関し必要な事項を定めるものでございます。
次に改正条例の議決案件5件についてでありますが、まず、愛荘町住民基本台帳カード等の利用に関する条例等の一部を改正する条例につきましては、外国人住民に住民基本台帳カードの交付ができるようになることに伴いまして、これまでのあいしょうタウンカードの新規公募を廃止するための関係条例の改正を行うものであります。
次に、愛荘町特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきましては、子ども・子育て会議の設置に伴い、委員の報酬を定めるものでございます。
次に、愛荘町文化財保護条例の一部を改正する条例につきましては、新たな町指定文化財が指定されたことにより一部改正を行うものであります。
次に、愛荘町非補助土地改良事業分担金徴収条例の一部改正につきましては、土地改良事業における受益者分担金について改正するものであります。
次に、愛荘町立福祉センターラポール秦荘いきいきセンター条例の改正につきましては、愛の郷およびラポール秦荘いきいきセンターの町内両施設の休館日を統一するため、条例の一部改正を行うものであります。
次に、琵琶湖流域下水道協議会規約を定めることを関係地方公共団体に協議することにつき議決を求めるものにつきましては、滋賀県下水道公社の解散に伴って新たに県と19市町が琵琶湖流域下水道協議会を設置するため、本協議会規約について議決を求めるものであります。
次に、愛荘町立福祉センターラポール秦荘けんこうプールおよびふれあい福祉施設の指定管理者の指定につき議決を求めることにつきましては、指定管理者となる団体が変更になることにより議決を求めるものであります。
次に、3議案につきまして、25年度愛荘町一般会計補正予算ならびに各特別会計補正予算であります。まず、25年度愛荘町一般会計補正予算でございますが、補正額は7,292万9,000円を増額し、総額86億5,436万8,000円とするものでございます。補正の主なものでありますが、歳入につきまして、新規事業となります農業基盤整備促進事業国庫補助金、アーチェリー教室受講者40人の受講料、財政調整基金の繰入金などを計上いたしております。
あと歳出につきましては長野・百々町地区の用排水路および山川原の揚水機改修などを行う農業基盤整備促進事業、けんこうプール、ふれあい福祉施設の管理事業等を計上いたしております。
次に、特別会計でありますが、平成25年度の介護保険事業特別会計補正予算では、歳入歳出それぞれ455万8,000円を追加し、12億7,095万8,000円とするものであります。
次に、平成25年度下水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ26万5,000円を追加し、総額12億7,106万9,000円とするものであります。
以上、平成25年6月愛荘町議会定例会に提案をさせていただきました。何とぞ慎重なご審議のうえ、議決賜りますようお願い申し上げまして、提案趣旨の説明とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

平成25年6月7日

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる