ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町長の部屋 > 施政方針 > 平成25年12月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

ここからページの本文です

町長の部屋

ようこそ町長室へ

平成25年12月愛荘町議会定例会 町長提案趣旨説明

はじめに

おはようございます。本日ここに、平成25年12月愛荘町議会定例会をお願いいたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の中にもかかわりませず早朝よりご出席賜り、厚く御礼申し上げます。
平素、議員各位におかれましては、町政各般にわたりまして格別のご支援、ご協力をいただいておりますことに対しまして、心から厚く御礼申し上げる次第でございます。
今議会は、議員各位におかれましても、また私にとりましても、今任期中の最後の定例会となりました。残された任期をともに誠意を尽くしてまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします。
さて、去る10月21日に湖東三山スマートインターチェンジが開通して以来、早くも40日余りが経ちました。この間の利用状況をお伝えいたします。
中日本高速道路会社の計画台数は、一日2,300台でした。これに対し現実の利用台数は、初めの1週間は計画どおりほぼ2,300台でありましたが、次第に増加し、今では平均2,750台となっておりまして、計画の約2割増しという状況であります。秋の紅葉シーズンに入りまして、11月14日以降は毎日3,000台を超え、一番多い日は3,998台と、4,000台にあと2台と迫りました。
また、平日の方が土日よりも利用が多い。また、全体で大型車の割合が約3割ということで、地域産業や通勤にも利用されている様子が伺えます。
さらに方向別では、彦根・米原方面の上り方向が全体の3分1、大津・京都方面の下り方向が3分の2という状況であります。
さらに、金剛輪寺・西明寺などの観光地も、平年に比べ客が増えているということを聞いております。早速明るい兆しが見え始め、今後もPRに努めてまいりたいと考えております。

提出議案の説明

さて、今期定例会に提案いたします議案について、ご説明を申し上げます。
人事案件2件、条例改正議決案件2件、公社の解散案件1件、規約の変更等による議決案件3件、指定管理者の指定案件2件、平成25年度愛荘町一般会計補正予算ならびに愛荘町介護保険事業特別会計補正予算の2件を合わせまして、12案件をご提案させていただきました。
それでは、提案案件の概要を説明させていただきます。
まず、同意第6号、愛荘町監査委員の選任につき同意を求めることにつきましては、任期満了に伴い、地方自治法の規定に基づき同意を求めるものでございます。
次に同意第7号、愛荘町公平委員会委員の選任につき同意を求めることにつきましては、任期満了に伴い、地方公務員法の規定に基づき同意を求めるものでございます。
次に条例改正議決案件2件につきまして、説明をいたします。
議案第80号、愛荘町特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用に関する条例の一部を改正する条例につきましては、監査委員の報酬額について改正をお願いするものであります。次に議案第81号、愛荘町立郷土の偉人館・西沢眞藏記念館条例の一部を改正する条例につきましては、利用者減に伴い、開館日の土曜日・日曜日の週2回に変更する改正をお願いするものであります。
次に議案第82号、滋賀県市町土地開発公社の解散についてであります。本公社は、昭和49年に公共用地の取得・管理・処分等を効率的に行うため、公有地の拡大の推進に関する法律に基づき現在の5市6町、当時は全町村43町村で設立したものであります。これまで172万平方メートル、金額で218億円の取得実績をあげてまいりましたが、近年は利用もなく所期の目的を達成したことによりまして、平成26年3月31日をもって解散することとし、議会の議決をお願いするものであります。
次に議案第83号、愛知郡広域行政組合で共同処理する事務及び規約の変更につきましては、東近江市と愛荘町が共同で実施してきました休日夜間緊急医療につきまして、東近江市内の旧愛東町・旧湖東町の区域が東近江行政組合で行うこととなったことにより、この業務を愛荘町単独で継続することとし、愛知郡広域行政組合の共同事務から削除することにつきまして、議会の議決をお願いするものであります。
次に議案第84号、東近江行政組合の規約の変更につきましては、火薬類取締法に基づき各市町が行っていた花火などの火薬使用の許可について、行政組合で共同処理を行うなどの改正を行うため、議会の議決をお願いするものであります。
次に議案第85号、彦根市と締結した定住自立圏形成協定の変更については、彦根愛知犬上広域行政組合において愛荘町も参加することになっている新たな火葬場の設置について、湖東定住自立圏を構成する1市4町が共同で取り組むため、定住自立圏協定の政策分野に火葬場を加えることにつき、議会の議決をお願いするものであります。
次に議案第86号、愛荘町体育施設の指定管理者の指定につき議決を求めることにつきましては、新たに愛荘町体育協会にお願いし、また議案第87号、愛荘町立郷土の偉人館・西沢眞藏記念館の指定管理者の指定につき議決を求めることにつきましては、野々目自治会に指定管理者を指定することにつき議決を求めるものであります。
次に議案第88号、平成25年度愛荘町一般会計補正予算(第6号)につきましては、歳入歳出それぞれ1,165万円を追加し、総額を87億9,682万6,000円にお願いするものであります。
その主な内容でありますが、まず歳入につきましては、普通交付税の交付決定に伴い1億300万円の増、地域の元気臨時交付金7,800万円の増額により、財政調整基金等から1億9,600万円の取り崩しを止め、合併特例債などの町債におきましても4,500円を減額いたすものであります。
歳出につきましては、初の特別警報が発せられました台風18号襲来に際し、当町におきまして初めて避難勧告・避難指示を発しましたが、多くの反省点の中から、避難者が台風情報を避難所で見られるようテレビを設置する費用等を増額補正いたしました。
最後に議案第89号、平成25年度愛荘町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)でありますが、介護予防サービス費900万円を増額し、歳入歳出予算総額12億9,087万円とするものであります。
以上、平成25年12月愛荘町議会定例会に提案させていただきました。何とぞ慎重なご審議のうえ、ご議決賜りますようお願い申し上げまして、提案趣旨の説明とさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。

平成25年12月4日

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる