ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 熱中症を予防し、暑い夏を乗り切ろう!!

ここからページの本文です

熱中症を予防し、暑い夏を乗り切ろう!!予防・対処方法、ご存知ですか?

お問合せ先  健康推進課(愛知川保健センター)電話0749-42-4887

熱中症とは、高温の環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体の調整機能が崩れることによって引き起こされるさまざまな不調のことです。日差しが強い、高温多湿、体調不調、寝不足・朝食を抜いた場合などは熱中症になりやすいので注意しましょう。

熱中症のサイン

軽症

めまい・立ちくらみ・手足のしびれ

中等症 頭痛・吐き気・身体がだるい
重症

意識がない・けいれん・体が熱い

熱中症かなと思ったら・・・

  • 涼しい場所(エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など)へ移動する。
  • 服をゆるめ、体 (特に、首の回り、脇の下、足の付け根など) を冷やす。
  • 水分・塩分、経口補水液などを飲む。
    ※経口補水液・・・水1ℓに食塩3g(小さじ1/2)と砂糖40gを溶かしたもの

熱中症を予防しよう!

熱中症の予防は「水分補給」と「暑さを避けること」が大切!!

  • こまめに水分補給をする。汗をかいた時は、塩分補給も!
  • 室内では、扇風機やエアコンで温度を調整する。
  • 外出時は、帽子や日傘を使い、こまめに休憩をとる。
  • 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある服を着る。
  • 規則正しい生活を心がける。

参考

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる