ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです

トップページ > 町政・町議会 .>愛荘町の組織目標(平成28年度)

ここからページの本文です

町政・町議会

お問合せ先 総務課(愛知川庁舎)TEL:0749-42-7680

愛荘町の行財政改革愛荘町の組織目標

“住民の皆さんに信頼され「住んでよかった」と実感していただける町政をめざして”

人口減少社会の到来、地方主権、社会福祉基礎構造改革、教育改革の推進など大きく変動する社会情勢のもとで、地方自治体はこれまで以上に効果的・効率的な行政運営を展開し、職員一人一人の意識を目的志向・成果重視へ改革する必要があります。その実現に向けて、平成22年度から各組織で目標を設定し、その目標を理解することにより、構成員であることを自覚し、組織目標達成に向けて努力する方向を職員一人一人が納得し取り組みます。また、自己の存在価値を組織の中で自覚することにより、自らの成長・発展を図ることとします。結果についても評価する業務の導入を取り入れます。

時代の変化に対応した新しい行政運営の構築に向けて

愛荘町総合計画を基点にして、政策や施策について目的志向・成果重視の視点に立って、計画(Plan)→実施(Do)→評価(Check)→反映(Action)[PDCA]を繰り返して、より質の高い行政運営を実現するため、新しい行政運営の構築に向けて取り組みます。

組織目標の設定においては、各組織で町民ニーズや社会環境の変化を意識して目標設定し、目標達成に向けて進捗状況を自律的に管理するとともに、その結果を年度末に評価します。そのことにより、一年間の成果が重視され、また、次年度に向けての方向性を明らかにしていくこととします。なお、議会事務局、会計室は除きます。

 

平成28年度組織目標

総合政策部

~人権の尊重、やすらぎの環境を礎に、にぎわいと活気みなぎるまちづくりを目指します~

〔使命〕

 ・ 部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消を図り、人権が尊重される地域社会を構築する。

 ・ 地域資源を活かし、活力あるまちづくりを目指す。

 ・ 自然環境や生活環境を保全し、資源循環型社会の構築を目指す。

目標項目〔PDF_342KB〕

総務部

~安全・安心のまちづくりと、住民と行政の協働によるまちづくりを目指します~

〔使命〕
「住民と行政の協働によるまちづくり」を目指して、自助・共助・公助が連携を図り、地域にある物的・人的、・知的資源を最大限に活用した安全で安心のまちづくりを推進するとともに、組織の人的、資産・財政的、情報・管理分野の経営資源を所管しており、地方分権社会に対応できる人材の育成と中・長期的な財政見通しを的確に把握し、常に行財政改革を念頭におきながら健全な行財政運営に努めます。

目標項目〔PDF_289KB〕

住民福祉部

~安心すこやか健康・福祉のまちづくりを目指します~

〔使命〕
「すべての人の人権が尊重され、健康で文化的な生活」をめざして、生まれる段階から人間の生涯にわたり切れ目のない生活上での支援を所管しており、誰もが健康で生き生きと安心して暮らせる社会保障の充実を念頭に置きながら、健康づくりや医療の充実、子ども支援、子育て支援、高齢者や障がい者の自立支援、地域福祉の推進に努めます。

目標項目〔PDF_302KB〕

産業建設部

~土と緑に人が輝き、住みやすさを協働で生み出すまちづくりを目指します~

〔使命〕
豊かな地域資源を活用した魅力の発信と安全・安心・快適さが実感できる住民生活の向上に努めます。

目標項目〔PDF_281KB〕

教育委員会

~未来を拓く心豊かでたくましい人づくりを目指します~

みんなで支えあい自らを高める教育の推進

〔使命〕
「まちづくりの主役は人」という視点に立って、「五愛十心の教育」のまち・学び続け・まちづくりに積極的に参加する町民の育成を目指します。

   「五愛」とは、ふれ愛、学び愛、育ち愛、支え愛、高め愛。

   「十心」とは、群がる心、自分らしさを発揮する心、知りたがる心、許せる心、集中する心、

            広げる心、まとめる心、押しの強い心、感動する心・感謝する心、守る心。

この理念が「愛荘町の風土」となり、このまちに生まれてよかった、産んでよかった。そして、このまちにずっと住み続けたいと誰もが思えるまち、人権が守られ、「心ふれ愛・笑顔いっぱいの元気なまち」に向かって、保育・幼児教育・学校教育はもとより生涯教育全般にわたり、各関係機関・組織・団体を挙げて取り組みます。

目標項目〔PDF_306KB〕

ページの先頭へ戻る

平成27年度組織目標

総合政策部

~人権の尊重、やすらぎの環境を礎に、にぎわいと活気みなぎるまちづくりを目指します~

〔使命〕

 ・ 部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消を図り、人権が尊重される地域社会を構築する。

 ・ 地域資源を活かし、活力あるまちづくりを目指す。

 ・ 自然環境や生活環境を保全し、資源循環型社会の構築を目指す。

目標項目〔PDF_294KB〕          年度末評価〔PDF_454KB〕

総務部

~安全・安心のまちづくりと、住民と行政の協働によるまちづくりを目指します~

〔使命〕
「住民と行政の協働によるまちづくり」を目指して、自助・共助・公助が連携を図り、地域にある物的・人的、・知的資源を最大限に活用した安全で安心のまちづくりを推進するとともに、組織の人的、資産・財政的、情報・管理分野の経営資源を所管しており、地方分権社会に対応できる人材の育成と中・長期的な財政見通しを的確に把握し、常に行財政改革を念頭におきながら健全な行財政運営に努めます。

目標項目〔PDF_241KB〕          年度末評価〔PDF_414KB〕

住民福祉部

~安心すこやか健康・福祉のまちづくりを目指します~

〔使命〕
「すべての人の人権が尊重され、健康で文化的な生活」をめざして、生まれる段階から人間の生涯にわたり切れ目のない生活上での支援を所管しており、誰もが健康で生き生きと安心して暮らせる社会保障の充実を念頭に置きながら、健康づくりや医療の充実、子ども支援、子育て支援、高齢者や障がい者の自立支援、地域福祉の推進に努めます。

目標項目〔PDF_296KB〕          年度末評価〔PDF_500KB〕

産業建設部

~土と緑に人が輝き、住みやすさを協働で生み出すまちづくりを目指します~

〔使命〕
豊かな地域資源を活用した魅力の発信と安全・安心・快適さが実感できる住民生活の向上に努めます。

目標項目〔PDF_269KB〕          年度末評価〔PDF_359KB〕

教育委員会

~未来を拓く心豊かでたくましい人づくりを目指します~

みんなで支えあい自らを高める教育の推進

〔使命〕
「まちづくりの主役は人」という視点に立って、「五愛十心の教育」のまち・学び続け・まちづくりに積極的に参加する町民の育成を目指します。

   「五愛」とは、ふれ愛、学び愛、育ち愛、支え愛、高め愛。

   「十心」とは、群がる心、自分らしさを発揮する心、知りたがる心、許せる心、集中する心、

            広げる心、まとめる心、押しの強い心、感動する心・感謝する心、守る心。

この理念が「愛荘町の風土」となり、このまちに生まれてよかった、産んでよかった。そして、このまちにずっと住み続けたいと誰もが思えるまち、人権が守られ、「心ふれ愛・笑顔いっぱいの元気なまち」に向かって、保育・幼児教育・学校教育はもとより生涯教育全般にわたり、各関係機関・組織・団体を挙げて取り組みます。

目標項目〔PDF_300KB〕          年度末評価〔PDF_515KB〕

ページの先頭へ戻る

ここまでが本文です 先頭へもどる
このページに関する情報は以上です 先頭へもどる