○愛荘町交通指導員条例

平成18年2月13日

条例第18号

(趣旨)

第1条 この条例は、本町の交通安全の保持を図るため、交通指導員(以下「指導員」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本町に指導員を置く。

2 指導員は、本町に住所または勤務場所を有する者のうちから町長が委嘱する。

(身分)

第3条 指導員は、非常勤の特別職の職員とする。

(人員)

第4条 指導員は、20人以内とする。

(任期)

第5条 指導員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(職務)

第6条 指導員の職務は、次のとおりとする。

(1) 交通事故を防止するため、街頭において歩行者の安全通行に必要な指導および誘導を行うこと。

(2) 自転車の安全な通行を指導すること。

(3) 交通法令の違反者に対し、法令を守るよう指導すること。

(4) 交通安全意識の高揚を図るため、広報活動に従事すること。

(5) 学童、園児等の交通安全教育の実施に協力すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、特に命ぜられた業務に従事すること。

(研修等)

第7条 町長は、指導員が職務を適正かつ円滑に遂行できるよう研修会または連絡会議を定例的に開くものとする。

(報酬および費用弁償等)

第8条 指導員に支給する報酬、費用弁償、装備および災害補償については、別に定める。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この条例は、平成18年2月13日から施行する。

愛荘町交通指導員条例

平成18年2月13日 条例第18号

(平成18年2月13日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策・生活安全
沿革情報
平成18年2月13日 条例第18号