○愛荘町交通安全シルバーキャラバン隊設置運用要領

平成18年3月16日

告示第214号

1 趣旨

高齢社会の進展とともに増加傾向にある高齢者交通事故防止対策について、高齢者をはじめ、住民の交通安全意識の高揚を図り、効果的な対策を強力に推進するボランティア組織として「愛荘町交通安全シルバーキャラバン隊」(以下「キャラバン隊」という。)を設置する。

2 隊組織

(1) キャラバン隊は、概ね65歳以上の高齢者を基本として、各単位老人クラブごとに1名を設置、組織する。

(2) 隊員は、健康かつ交通安全に関心があり、ボランティア意欲の旺盛な人物をもってあてる。

(3) 隊員は、町長が認定し、活動期間は年度ごととする。

3 任務

キャラバン隊は地域の高齢者に対する交通安全教育の普及啓発活動を行い、高齢者交通事故防止に努めることを任務とする。

4 活動内容

(1) 町が主催するキャラバン隊結成式および講習会に参加する。

(2) 地域の高齢者の交通安全リーダーとして、交通安全教育を受ける機会が少ない高齢者を対象に、交通安全教育の普及を行う。

(3) 東近江警察署等関係機関・団体が主催する交通安全行事等に積極的に参加する。

5 活動上の留意事項

(1) 隊員は、警察官のような法令上の権限を持たない民間の奉仕者であることを自覚し、安全運転、正しい歩行、自転車乗用の励行に務め、地域の高齢者の模範となるよう心がけること。

(2) 活動に当たっては、町担当課(総務課)および東近江警察署等関係機関・団体と緊密な連携を図るとともに、隊員相互が強力して効果のある活動に努めること。

付 則

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

愛荘町交通安全シルバーキャラバン隊設置運用要領

平成18年3月16日 告示第214号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策・生活安全
沿革情報
平成18年3月16日 告示第214号