○愛荘町立デイサービスセンターやすらぎ条例

平成18年6月18日

条例第175号

愛荘町立デイサービスセンターやすらぎ条例(平成18年愛荘町条例第101号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 高齢者が、老化や傷病による症状が悪化すること等により、要介護状態に陥ることを防ぐための介護予防や、自立した生活を確保するために必要な生活支援を図るため、デイサービスセンターやすらぎを設置する。

(名称および位置)

第2条 デイサービスセンターやすらぎの名称および位置は、次のとおりとする。

名称

位置

愛荘町立デイサービスセンターやすらぎ

愛荘町愛知川1749番地1

(業務)

第3条 愛荘町立デイサービスセンターやすらぎ(以下「センターやすらぎ」という。)は、次の業務を行う。

(1) 生きがい活動支援通所事業に関すること。

(2) その他センターやすらぎの設置目的の達成に必要な事業に関すること。

(開館時間等)

第4条 センターやすらぎの開館時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

2 センターやすらぎの休館日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日および土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

3 町長は、必要と認めるときは、第1項に規定する開館時間を変更し、または前項に規定する休館日を変更し、もしくは臨時に休館日を定めることができる。

(使用の許可)

第5条 センターやすらぎを使用しようとする者は、規則で定めるところにより町長に申請し、その許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 町長は、前項の規定による申請があった場合において、次の各号のいずれかに該当するときは、同項の許可をしない。

(1) 公の秩序または風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) センターやすらぎの施設または設備をき損するおそれがあると認めたとき。

(3) 感染症疾病患者またはその疑いのある者の利用であると認めたとき。

(4) 営利を目的とする興業その他これに類似する行為を行うおそれがあると認めたとき。

(5) 集団的に、または常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(6) その他、センターやすらぎの管理運営上、支障があると認めたとき。

3 町長は、第1項の規定による許可をする場合において、センターやすらぎの管理上必要な限度において、条件を付すことができる。

(使用料)

第6条 センターやすらぎの使用料は無料とする。ただし、前条第1項の規定による許可を受けた者(以下「使用者」という。)で、センターやすらぎの設置目的以外に使用する者は、別表に定める額を使用料として納めなければならない。

2 使用料は、許可に係るセンターやすらぎの使用の開始前で町長が別に定める納期までに収めなければならない。ただし、規則で特別の定めをする場合は、この限りでない。

3 使用料は、還付しない。ただし、町長が必要と認める場合は、この限りでない。

4 町長は、特別な理由があると認めたときは、前項の使用料を減額し、または免除することができる。

5 詐欺その他不正の行為により使用料の徴収を免れた者については、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

(施設等の変更の禁止)

第7条 使用者は、センターやすらぎの施設もしくは設備に変更を加え、または特別の設備を設けてはならない。ただし、あらかじめ町長の承認を受けたときは、この限りでない。

(使用の許可の取消し等)

第8条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、第5条第1項の規定による許可を取り消し、または使用を制限し、もしくは使用の停止を命ずることができる。

(1) 使用者が使用の目的に違反して使用したとき。

(2) 使用者が偽りその他不正の手段によって第5条第1項の規定による許可を受けたとき。

(3) 使用者が第5条第2項各号(同項第5号を除く。)のいずれかに該当するに至ったとき。

(4) 使用者がこの条例またはこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(5) 使用者が第5条第3項の規定により付された条件に違反したとき。

(6) 当該許可に係るセンターやすらぎの施設が災害その他の事故により使用できなくなったとき。

(7) その他町長が特に必要と認めたとき。

(原状回復の義務)

第9条 使用者は、その使用を終了したときは、その使用に係るセンターやすらぎの施設および設備を原状に回復しなければならない。前条の規定により使用の許可を取り消されたときも、同様とする。

(損害賠償の義務)

第10条 センターやすらぎを使用し、その施設および設備等を破損し、または滅失した者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第11条 町長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に、センターやすらぎの施設の管理に関する業務のうち、次に掲げる業務(以下「管理業務」という。)を行わせることができる。

(1) 第3条各号に掲げる業務

(2) センターやすらぎの施設および設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が必要と認める業務

2 前項の規定により町長が指定管理者に管理業務を行わせる場合における第5条第7条および第8条の規定の適用については、これらの規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(指定管理者の管理の基準)

第12条 指定管理者は、次に掲げる基準により管理業務を行わなければならない。

(1) 関係する法令、条例および規則を遵守し、適正にセンターやすらぎの運営を行うこと。

(2) センターやすらぎの施設および設備の維持運営を適切に行うこと。

(指定管理者における開館時間等の変更)

第13条 第11条第1項の規定により町長が指定管理者に管理業務を行わせる場合は、第4条の規定によるほか、指定管理者は、必要と認めるときは、あらかじめ町長の承認を得て、同条第1項に規定する開館時間を変更し、または同条第2項に規定する休館日を変更し、もしくは臨時に休館日を定めることができる。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 指定管理者にセンターやすらぎの施設の管理に関する業務を行わせる場合においては、当該業務を行わせる日前に、改正前の愛荘町立デイサービスセンターやすらぎ条例の規定により管理受託者がした承認その他の行為または管理受託者に対してなされた申請その他の行為(同日以後の使用に係るものに限る。)は、改正後の同条例の規定により指定管理者がした承認その他の行為または指定管理者に対してなされた申請その他の行為とみなす。

別表(第6条関係)

区分

使用料

半日(8時30分~正午・13時~17時)

終日(8時30分~17時)

夜間(18時~22時)

デイルーム

1,000円

1,000円

1,000円

会議・相談室

1,000円

1,000円

1,000円

ボランティア室

1,000円

1,000円

1,000円

調理室

1,000円

1,000円

1,000円

1 冷暖房設備の使用については、使用料の5割に相当する額を徴収する。

2 附帯設備備品の使用については、実費相当額を徴収する。

愛荘町立デイサービスセンターやすらぎ条例

平成18年6月18日 条例第175号

(平成18年9月1日施行)