○愛荘町相談支援事業実施要綱

平成18年10月1日

告示第275号

(目的)

第1条 この告示は、愛荘町地域生活支援事業実施規則(平成18年愛荘町規則第128号)に基づく、相談支援事業について定めるものとし、障害者および障害児(以下「障害者等」という。)障害児の保護者または障害者等の介護を行う者など(以下「相談者」という。)からの相談に応じ、必要な情報の提供および助言その他の障害福祉サービスの利用支援等、必要な支援を行うとともに、虐待の防止およびその発見のための関係機関との連絡調整その他の障害者等の権利擁護のために必要な援助を行うことにより、障害者等が自立した日常生活または社会生活を営むことができることを目的とする。

(事業内容)

第2条 この事業の内容は、次に掲げるものとする。

(1) 障害者相談支援事業

(2) 相談支援機能強化事業

2 障害者相談支援事業は、相談者からの求めに応じ、次に掲げる業務を実施するものとする。

(1) 社会福祉サービスの利用援助に関する業務

(2) 社会資源を活用するための支援に関する業務

(3) 社会生活力を高めるための支援に関する業務

(4) ピアカウンセリングに関する業務

(5) 権利擁護のために必要な援助に関する業務

(6) 専門機関の紹介に関する業務

(7) 地域障害者自立支援協議会の運営に関する業務等

3 相談支援機能強化事業は、前項の障害者相談支援事業を円滑に実施するため、特に必要と認められる能力を有する専門的職員を配置し、次に掲げる業務を実施するものとする。

(1) 専門的な知識を必要とする困難ケースへの対応

(2) 地域自立支援協議会を構成する相談支援事業者等に対する専門的な指導、助言等に関する業務

(事業の委託)

第3条 町長は、常勤の相談支援員が配置され、この事業を適切に実施できると認める指定相談支援事業者に委託することができるものとする。

(費用の負担)

第4条 事業の利用料は、無料とする。

付 則

この告示は、平成18年10月1日から施行する。

愛荘町相談支援事業実施要綱

平成18年10月1日 告示第275号

(平成18年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成18年10月1日 告示第275号