○愛荘町フレックス・グループ制に関する規則

平成20年3月27日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、愛荘町行政組織規則(平成18年愛荘町規則第3号)第2条の規定に基づき、フレックス・グループ制による事務事業の執行(以下「グループ制」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(グループ制の目的)

第2条 グループ制は、次に掲げる事項を目的とする。

(1) 多様化する住民ニーズや行政課題に迅速かつ的確に対応し、自律性、柔軟性および機動性の高い組織運営を図ること。

(2) 事務事業の執行に最も適した体制を柔軟に採ることにより、事務配分の合理化および繁閑の調整を行い、所属内における職員の流動化を図ること。

(3) 所属内における協業体制の強化を図ること。

(4) 所属内における意思決定の迅速化を図ること。

(5) 所属長のリーダーシップにより、所属内の活力を高めるとともに、視野の広い行政の推進を図ること。

(グループ編成の基準)

第3条 所属長は、次に掲げる基準に基づきグループの編成をしなければならない。

(1) 所属内における年間の事務量を考慮すること。

(2) グループ間の事務量配分に偏りがないこと。

(3) 分掌事務の関連性、事務量、重要度、緊急度および合理性を考慮すること。

(4) 事務執行を評価するとともに、適正な事務処理を図るため、編成を見直さなければならない。

(5) 職員の能力が最良に発揮されるよう考慮すること。

(6) グループ内の業務を円滑に進めるため、主任、副主任を定めなければならない。

(グループの編成)

第4条 所属長は、職員の所管する事務を明確にするため、所属職員全員について事務の担当を割り振り、グループの編成をするものとする。

2 グループの編成は、所属長が原則として年度当初に行うものとする。ただし、所属職員に異動があった場合ならびに年度途中において事務事業を見直すことで、事務事業の繁閑、特定の課題、職員の能力等を調整し、グループの数および名称を柔軟に変更できるものとする。

3 複数の所属の職員をもって編成しようとするグループの編成は、関係所属長および関係部長ならびに関係主監と協議のうえ編成をするものとする。

4 所属長は、グループを編成または変更した場合、事務分掌表を総務課長に提出し、町長に報告するものとする。

5 人員等の理由によりグループの編成ができない場合は、あらかじめ総務課長と協議することにより、グループの編成をしないことができるものとする。

6 日日雇用職員および嘱託員等については、グループ員に含めることができる。

(グループの名称)

第5条 グループの名称は、業務を端的に表現したものにするとともに簡潔明瞭で理解しやすいものとし、当該名称を「○○担当」とする。

(グループリーダー等)

第6条 所属長は、各グループの分掌事務の重要度および難易度、対外的責任、人間関係等を考慮し、グループにリーダー(以下「リーダー」という。)1人を置く。また、必要に応じ、グループリーダーを補佐するサブリーダーを置くことができる。

2 所属長は、常にリーダーと連携を図り、所属内の事務執行状況を把握し、適切な指示・命令を行うとともに所属職員を育成しなければならない。

3 リーダーは、グループ内の事務執行状況を常に把握し、事務の指揮監督およびグループ員への指導・助言・育成ならびに他のグループとの調整等を行うものとする。また、必要に応じ、所属長がリーダーとなることができる。

4 サブリーダーは、自らの事務遂行とともにリーダーを補佐し、業務目的達成のために責任をもってグループを運営しなければならない。

5 グループ員は、グループ内の連絡調整を密に行い、情報の共有化を図るものとする。

付 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成26年4月1日規則第4号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

愛荘町フレックス・グループ制に関する規則

平成20年3月27日 規則第13号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成20年3月27日 規則第13号
平成26年4月1日 規則第4号