○愛荘町庁用バス貸付規則

平成23年3月31日

規則第6号

愛荘町庁用バス貸付規則(平成18年愛荘町規則第6号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、愛荘町財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例(平成18年愛荘町条例第59号)第7条の規定に基づき、庁用バス(以下「バス」という。)の貸付けに関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付者)

第2条 バスを貸し付けることができる者は、行政機関および福祉団体等における研修を目的として使用する場合または町の発展に有益な活動がなされる場合で、かつ、町長が必要と認めたものに限る。

(借受けの申請および貸付けの決定)

第3条 バスを借り受けようとする者(以下「申請者」という。)は、町長が定めた受付期間内に必要を記載した庁用バス借受申請書(様式第1号)を主管課長(愛荘町財務規則(平成18年愛荘町規則第36号)第2条第5号に定める者をいう。)を経由して町長に提出しなければならない。

(1)から(6)まで 削除

2 前項の借受申請が2件以上競合したときは、その受付けの順序とする。ただし、申請者の協議による場合は、この限りでない。

3 町長は、第1項の規定による借受申請があったときは、これを審査し、適当と認め、かつ、町において支障のないときは、バス貸付許可書(様式第2号)を主務課長に提出し、管理課を経由して申請人に交付するものとする。

4 貸付許可を受けた申請者は、庁用バス借受乗車名簿(様式第3号)を使用日の5日前までに主管課長に提出するものとする。

5 町が災害等で運行する場合は、優先で運行ができるものとする。

(貸付日および貸付時間)

第4条 バスの貸付けができる日は、原則として次に掲げる日を除く日とする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(1) 日曜日および土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで(前号に掲げる日を除く。)

2 貸付時間は、原則として午前8時30分から午後5時15分までとする。ただし、行程上やむを得ない場合は、午前6時から午後10時までのうち、拘束時間が11時間以内での使用はできるものとする。

(貸付許可基準)

第5条 バスの貸付けに関する許可基準は、次に掲げるものとする。

(1) 乗車定員は、10名以上とし、バスの乗車定員を超えないこと。

(2) バスを借り受けようとする団体の引率責任者が随行すること。

(3) 行程の範囲は、1日あたり走行距離200キロメートル以内を原則とする。ただし、高速道路を利用した場合の区間は、その走行距離に0.5を乗じた距離とする。

(4) 行程は原則として、県内とし、宿泊は認めないものとする。ただし、特別な事情により町長が必要と認めたときは、この限りでない。

2 町が災害等で運行する場合は、前項第3号の規定は除外するものとする。

(使用の制限)

第6条 町長は、次に掲げる事項に該当する場合は、使用の制限をすることができる。

(1) 貸切バス営業類似行為等と認められる運行のとき。

(2) 営利、宗教、政治活動を目的に組織された団体および個人。

(3) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第71条の3第3項の規定に基づき幼児用補助装置をしないで乗車するとき。

(4) 車両の故障、修理等で使用ができないとき。

(5) 災害等緊急な事態により、町がバスを使用する必要が生じたとき。

(6) 運行経路においてバスを運行することが危険であると判断したとき。

(7) 悪天候等によりバスを運行することが危険であると判断したとき。

(8) その他安全運行上支障があると認めるとき。

(9) 研修場所および経由地までの送迎のみの運行のとき。ただし、行政事務上やむを得ない場合は、この限りでない。

(10) 座席ベルトが備え付けられていない座席に着座するとき。ただし、申請者の申出により止むを得ず着座される場合は、申請者の責任の下に着座することに同意があったときはこの限りではない。

(補償)

第7条 乗車中の事故等の補償については、財団法人全国自治協会町村有自動車損害共済および全国町村総合賠償補償保険等の範囲内で行うものとする。

(貸付許可の変更および取消し)

第8条 町長は、既に貸付けの許可をした後においても、借受人が貸付許可基準に反したときおよび使用の制限により貸付許可の変更または取消しをすることができる。この場合の損害費用は、借用団体の負担とする。

2 町の特別な事情が発生したときは、貸付許可の変更または取消しをすることができる。この場合の損害費用は、使用団体と協議のうえ決定する。

(使用の取消し)

第9条 バスの使用許可を受けた者が使用を取り消そうとするときは、速やかにその旨を所管課長を経由し、町長に届けなければならない。

(運転手の派遣)

第10条 町長は、バスの貸付けに際し、運転および車両保全のための運転手を派遣するものとする。

(使用者の遵守事項)

第11条 バスの使用に当たっては、申請書に記載された目的および経路によって運行しなければならない。ただし、交通規制等により、やむを得ず経路を変更する場合は、この限りでない。

(バスの保安)

第12条 運転手は、バスの使用前後に必ず点検、整備および清掃を行い、常に最善の注意をもって、バスの保安に努めなければならない。なお、バスの使用後は速やかに所管課の責任において、特に車内の清掃に努めなければならない。

(費用の負担)

第13条 バスの使用料は、無料とする。ただし、有料道路通行料、駐車料および宿泊時の費用(乗務員宿泊代および夕食以降の食事代)等の諸経費は、使用者の負担とする。

(運行日誌)

第14条 運転手は、バスの使用に関する事項を運行日誌(様式第4号)に記録しなければならない。

(事故の報告)

第15条 運行中に事故が発生したときは、運転手または引率責任者は、直ちに必要な措置をとるとともに、庁用バス事故報告書(様式第5号)により事故の状況を速やかに町長に報告しなければならない。

(その他)

第16条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成24年7月1日規則第11号)

この規則は、平成24年7月1日から施行する。

付 則(平成26年4月1日規則第5号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

愛荘町庁用バス貸付規則

平成23年3月31日 規則第6号

(平成26年4月1日施行)