○愛荘町特別支援教育介助員設置要綱

平成23年8月5日

教育委員会告示第1号

(趣旨)

第1条 この告示は、愛荘町立の小学校および中学校に在籍する障がいのある児童および生徒の学校教育活動上の日常生活動作を行うために特別支援教育介助員(以下「介助員」という。)を設置し、必要な事項を定めるものとする。

(任用)

第2条 教育長は、学習活動が困難な状況にあって、特別の支援が必要である児童生徒の介助に積極的に取り組む熱意がある者を、地方公務員法(昭和25年法律第265号)第3条第3項第3号に基づく介助員として任用する。

(任用期間)

第3条 任用期間は、1年とし更新することができる。ただし、満65歳に達した日以後において、最初の3月31日を超えて任用期間を更新することができない。

(介助員の職務)

第4条 介助員は、次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 児童生徒の学校教育活動上の日常生活動作の介助に関すること。

(2) 児童生徒の安全確保に関すること。

(勤務日および勤務時間等)

第5条 介助員の勤務日数は週5日以内とし、1週間の勤務時間については、35時間以内とする。ただし、所属長が特に必要と認める場合にあっては、勤務日を変更することができる。

(守秘義務等)

第6条 介助員は、その信用を失墜させるような行為をしてはならない。

2 介助員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

付 則

この告示は、平成23年8月5日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

愛荘町特別支援教育介助員設置要綱

平成23年8月5日 教育委員会告示第1号

(平成23年8月5日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成23年8月5日 教育委員会告示第1号