○愛荘町避難行動要支援者避難支援計画策定委員会設置要綱

平成23年10月1日

告示第80号

(設置)

第1条 愛荘町地域防災計画に基づき、災害時に自力で避難することが困難な高齢者、障がい者等(以下「要支援者」という。)が、安全かつ確実に避難できるよう地域において情報伝達、避難誘導等の避難支援が受けられる体制を整備し、要支援者が安心して暮らすことのできる地域社会を形成することを目的として、愛荘町避難行動要支援者避難支援計画策定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会の所掌事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 愛荘町避難行動要支援者避難支援計画(以下「避難支援計画」という。)の策定に関すること。

(2) その他避難支援計画の策定に必要な事項に関すること。

(組織)

第3条 策定委員会は、16人以内で組織し、次に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 識見を有する者

(2) 関係機関の代表者

(3) 各種団体の代表者

(4) 公募による町民代表者

(5) その他町長が必要と認める者

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱をした日から避難支援計画の策定業務の完了した日までとする。

(委員長および副委員長)

第5条 委員会に委員長および副委員長を置き、それぞれの委員の互選により定める。

2 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、または欠けたときはその職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集し、会議の議長となる。

2 委員会は、委員の半数以上の者の出席により成立する。

3 委員会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数の時は、委員長の決するところによる。

4 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の者に出席を求め、その意見および説明を求めることが出来る。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、地域福祉課において処理をする。

(雑則)

第8条 この告示に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が定める。

付 則

この告示は、平成23年10月1日から施行する。

付 則(平成27年10月1日告示第93号)

この告示は、平成27年10月1日から施行する。

愛荘町避難行動要支援者避難支援計画策定委員会設置要綱

平成23年10月1日 告示第80号

(平成27年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成23年10月1日 告示第80号
平成27年10月1日 告示第93号