○愛荘町国民健康保険運営協議会規則

平成25年3月5日

規則第2号

愛荘町国民健康保険運営協議会規則(平成18年愛荘町規則第68号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、愛荘町国民健康保険条例(平成18年愛荘町条例第116号)第2条の規定に基づいて設置された愛荘町国民健康保険運営協議会(以下「協議会」という。)に関し、国民健康保険法(昭和33年法律第192号)および国民健康保険法施行令(昭和33年政令第362号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(協議会の任務)

第2条 協議会は、国民健康保険事業の運営に関する重要事項について、町長の諮問に応じて審議し、必要があるときは、町長に建議することができる。

2 前項の諮問があったときは、協議会はその都度会議を開き、速やかに答申するものとする。

(会長および副会長)

第3条 協議会に会長および副会長を置く。

2 会長および副会長は、公益を代表する委員のうちから委員がこれを選挙する。

3 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。

(会議)

第4条 協議会は、会長が招集する。ただし、会長が未決定の場合は、町長がこれを招集することができる。

2 協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が議長となり運営する。

3 会議は、条例第2条各号の委員のそれぞれ1人以上の出席があり、かつ、委員総数の過半数の出席がなければ開くことができない。

4 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(関係者の出席および資料の提出)

第5条 会長は、議事に関して必要であると認める場合においては、関係者の出席を求め、説明または資料の提出を求めることができる。

(会議録の作成保存)

第6条 会長は、会議録を作成し、これを5年保存しなければならない。

2 会議録には、議長および協議会において指名した2人の委員が署名しなければならない。

3 会長は、会議録の写しを添付して、会議の結果を町長に報告しなければならない。

(庶務)

第7条 協議会の庶務は、国民健康保険主管課において処理する。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

付 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

愛荘町国民健康保険運営協議会規則

平成25年3月5日 規則第2号

(平成25年4月1日施行)