○愛荘町適応指導教室設置運営要綱

平成25年3月28日

教育委員会告示第3号

(設置)

第1条 この告示は、不登校児童生徒を対象に、一人ひとりに応じたゆとりある活動を展開し、集団への適応に関する指導を行い、社会参加への意欲を高め、自立を支援することを目的として設置する適応指導教室(以下「教室」という。)の設置運営に関し必要な事項を定める。

(名称および開設場所)

第2条 教室の名称および開設場所は、次のとおりとする。

名称

位置

場所

フレンズ愛荘

愛荘町川久保164番地1

愛荘町立川久保地域総合センター

「川久保教育集会所」内

(事業)

第3条 教室は、第1条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1) 適応指導に関すること

(2) 学校、家庭への訪問に関すること

(3) 不登校あるいはその傾向にある児童生徒に関して、学校、家庭、関係機関との連絡調整に関すること

(4) その他、教育委員会が必要と認めること

(対象者の範囲)

第4条 教室の入室対象者は、愛荘町立小・中学校に在籍し、不登校等で悩んでいる児童生徒とする。

(所管と職員)

第5条 教室は教育委員会教育振興課の所管とし、適応指導教室指導員を置く。

(適応指導の申請)

第6条 適応指導を受けようとするものは、在籍学校長を通じて教育長に申請しなければならない。

(通室)

第7条 通室に関わる交通安全、諸々の事項および経費については保護者が責任をもつものとする。

(指導要録上の取り扱い)

第8条 在籍学校長は、児童生徒が教室に通室する場合は、その日数を指導要録上出席扱いとすることができる。

(手続き)

第9条 教室への入室は、次の手続きによる。

(1) 入室を希望する保護者は、学校長あてに適応指導教室入室願(様式第1号)を提出する。

(2) 保護者の申し込みを受けた学校長は、教育長あてに適応指導教室申込書(様式第2号)を提出する。

(3) 教育長は、入室を承諾したときは、在籍学校長および保護者に適応指導教室入室承諾書(様式第3号)(様式第4号)を通知する。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、適応指導教室の管理および運営に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

付 則

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成27年3月9日教育委員会告示第2号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

愛荘町適応指導教室設置運営要綱

平成25年3月28日 教育委員会告示第3号

(平成27年4月1日施行)