○愛荘町適応指導教室指導員設置要綱

平成25年3月28日

教育委員会告示第4号

(趣旨)

第1条 この告示は、愛荘町適応指導教室設置運営要綱に基づく適応指導教室指導員の設置に関し、必要な事項を定める。

(適応教室指導員の身分)

第2条 適応指導教室指導員(以下「指導員」という。)は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職の地方公務員とする。

(勤務場所)

第3条 指導員の勤務場所は、愛荘町適応指導教室設置運営要綱第2条の開設場所とする。

(指導員の委嘱等)

第4条 指導員は、第1条の目的を達成するため、これに必要な専門的知識および経験を有すると認められる者のうちから教育長が委嘱する。

(勤務日時等)

第5条 指導員の勤務時間等は、次のとおりとする。

(1) 勤務時間は、午前9時から午後3時45分までを基本とし、原則として週2回とする。

(2) 勤務日は、教育長が指定する日とする。

(3) 教育長は、業務の都合により、前2項の規定に関わらず、指定の勤務日および勤務時間を変更することができる。

(4) 休憩および休憩時間については、職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成18年愛荘町条例第36号)の規定の例による。

(服務)

第6条 指導員の服務は、公立学校職員服務規程(昭和43年愛荘町訓令第5号)の規定による。

(賃金等)

第7条 指導員に対して賃金および費用弁償を支給する。

(1) 賃金は、時給 1,200円とする。

(2) 公務のため旅行を命じたときは、一般職員の3級以下の職務にある職員の例により旅費を支給する。

(3) 前2項に定めるもののほか、諸手当は支給しない。

(保険等)

第8条 指導員は、傷害保険に加入する。その経費は町が負担する。

(秘密を守る義務)

第9条 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。指導員の職を退いた場合も同様とする。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

付 則

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

愛荘町適応指導教室指導員設置要綱

平成25年3月28日 教育委員会告示第4号

(平成25年4月1日施行)