○金剛輪寺明壽院庭園保存管理計画策定業務の委託業者選定委員会設置要領

平成25年6月6日

告示第60号

(設置)

第1条 金剛輪寺明壽院庭園(以下「庭園」という。)の保存管理計画策定業務の委託業者選定にかかる審査をするため、金剛輪寺明壽院庭園保存管理計画委託業務選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、庭園の保存管理計画策定の業務を行う委託業者選定について必要な事項を審議する。

(組織)

第3条 委員会は、次に掲げる者とする。

(1) 文化財所有者

(2) 教育長

(3) 教育次長

(4) 総合政策課主監

(5) 歴史文化博物館長

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱または任命の日から当該委員会の設置に係る委託業務の案件に関する審議等が終了する日までとする。

(運営)

第5条 委員会に委員長および副委員長を各1名置き、委員の互選により選出する。

2 委員長は、委員会の会務を総括し、会議の議長となる。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代理する。

4 委員長は、必要と認めるときは委員以外に関係のある職員および関係者の出席を求めることができる。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集する。

2 会議は、委員のうち3分の2以上の出席をもって会議を開催することができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、歴史文化博物館において処理する。

(その他)

第8条 この要領の定めるもののほか、委員会の運営に必要な事項は、委員長が別に定める。

付 則

この要領は、平成25年6月6日から施行し、平成25年6月18日から適用する。

金剛輪寺明壽院庭園保存管理計画策定業務の委託業者選定委員会設置要領

平成25年6月6日 告示第60号

(平成25年6月6日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成25年6月6日 告示第60号