○愛荘町学校給食地産地消推進会議要領

平成26年4月1日

告示第60号

第1 愛荘町学校給食地産地消推進会議(以下「推進会議」という。)は、地産地消の推進を図る一環として、学校給食における食材について愛荘町をはじめ近隣市町の農産物を優先に活用できる方針を定めることを目的とする。

第2 推進会議は、次の者で構成する。

(1) 町長部局の代表者(農林振興課)

(2) 教育委員会部局の代表者

(3) 学校給食センターの代表者

(4) 東びわこ農業協同組合の代表者

(5) 生産者の代表者

(6) その他農業関係者

第3 推進会議は委員長を置き、愛荘町教育長を充てる。

第4 推進会議は、次の内容について検討等を行う。

(1) 学校給食における地元農産物活用の課題

(2) 学校給食農産物納品への課題

(3) その他地産地消の課題

(4) 前号の課題に対する解決方針

(5) その他第1の目的に必要な事項

第5 推進会議の進行は委員長が行い、事務局は農林振興課とする。

第6 検討等においては、愛荘町食育推進計画および愛荘町地産地消行動計画等を尊重すること。

第7 推進会議の開催は、愛荘町教育長が決定し召集する。

第8 第4 第4号でまとまった解決方針については、各委員の施策等で活用するもとする。

第9 第4の結果は、おおむね平成26年度を目途にまとめるものとする。

第10 その他必要な事項は、別に委員長が定める。

付 則

本要領は、平成26年4月1日から施行する。

愛荘町学校給食地産地消推進会議要領

平成26年4月1日 告示第60号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
平成26年4月1日 告示第60号