木造十二神将像 もくぞうじゅうにしんしょうぞう 12躯

彫第9号

 

     第1号像          第2号像           第3号像       第4号像

      第5号像        第6号像           第7号像         第8号像

   第9号像            第10号像        第11号像         第12号像

1.部  門 彫刻
2.所在地 愛荘町松尾寺 金剛輪寺(護摩堂)
3.所有者 金剛輪寺 代表役員 住職 濱中光礼
4.時  代 鎌倉時代(鎌倉中期から後期)
5.内  容 金剛輪寺護摩堂に伝来する木造の十二神将

        像。現状では厨子入りの木造薬師如来坐像と

        一具となるが、当初より一具であったとの判断

        にはやや否定的である。作風は、頭体のバラン

        スが良くとれて写実的な像が多く、特に第2号

        像は、適度に重量感もあり神将像としての筋肉

        質な肉体を十二分に表している。面像部の筋肉

        の付き方などは、東大寺南大門金剛力士像を

        髣髴させるものがあり、本像が慶派仏師に近い

        仏師の造像になることを想像させるものがあ

        る。また、第9号像の前かがみの姿勢ながらバ

        ランスの取れた表現は、興福寺東金堂の十二

        神将像(慶派仏師のうち定慶周辺の作)を思わ

        せるほか、第7号像の細身ながらも均等の取れ

        た姿勢は大変優れており、眉を寄せた面部の

        表現には高野山金剛峰寺の運慶作の八大童子

        像の系譜に連なる作風を見せている。また、第

         11号像の上半身を裸形に表し、両肩を引き気

        味にして胸の筋肉を強調するさまは、三十三間

        堂の二十八部衆の中の金剛力士像(湛慶工房

        の作か)や鎌倉前期の金剛力士像などに見ら

        れる姿勢と表現である。一方、バランスのやや

        崩れた像も中には見受けられ、さらには彩色

        や截金文様もやや稚拙なものもあることから、

        工房として受注を受け、複数の仏師による造

        像が考えられる。あるいは、彩色の技法や表

        現から見て、鎌倉中期から後期の作と考えら

        れる像もあることから、各像の制作にはやや

        時間幅をもつ可能性も考えられる。作域にや

        やばらつきがあるため、全体的としての造像

        年を決めることは容易ではないが、作風や技

        法などから鑑みて、13世紀の第2から第3四

        半期の造像と思われる都ぶりの十二神将像と

        して大変貴重である。