木造毘沙門天立像 もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう 1躯

彫第7号

 

1.部  門 彫刻
2.所在地 愛荘町松尾寺 金剛輪寺(華楽坊)
3.所有者 金剛輪寺 代表役員 住職 濱中光礼
4.時  代 平安時代(平安後期)
5.内  容 現在は金剛輪寺華楽坊に安置されている。か

        つては本堂に安置されていたが、近年に移さ

        れた。作風を見ると、全体にしっかりとした肉ど

        りで表されており、平安時代中期の重量感が

        残る。特に、なで肩ですっとした肩のラインを示

        すのは、11世紀後半の作といわれる浄瑠璃寺

        (京都府)四天王像のうち多聞天像があげられ

        るが、本像の静かで控えめな動きや腰の高さ

        なども同像と近い感覚をもつ。一方、本像の裳

        は浄瑠璃寺像に比べると長めで、これは12世

        紀によく見られる表現である。表面の彫りも浅

        くなっており、穏やかな顔の表現も時代が下る

        感じを与える。よって本像の制作年代は、11世

        紀末から12世紀前半頃と考えられる。また、左

        手に宝塔を持ち、右手を腰に当てる姿勢は『聖

        無動尊安鎮家国等法』にある図像であるが、実

        際の彫刻、毘沙門天としては実はほとんど類

        例を見ない珍しい図像的特色である。類例とし

        ては独尊ではないが、神宮寺(三重県)の二天

        像のうち多聞天像に見られる程度であり、今後

        はその図像解析や類例探索も含めて注意され

        るべきであろう。本像は、都ぶりな作風をもち、

        独特の図像をもつ院政期の毘沙門天像として

        価値が高い。