stripe decor

木造狛犬 1対
松尾寺、金剛輪寺所有  

木造狛犬1対木造狛犬(吽形)木造狛犬(阿形)

1.部   門 彫刻(彫第3号)

2.名   称 木造狛犬

3.所 在 地 愛荘町松尾寺 金剛輪寺

4.時   代 鎌倉時代

5.形   状 阿形は開口し、頭を左に向ける。吽形

         は頭頂に一角をあらわし、閉口し、頭

         を右に向ける。

6.品質構造 針葉樹材、寄木造、漆箔、彩色、

         玉眼。
  阿形 頭部は右耳半ばと左耳後ろを通る線で面部
      を矧ぎ、さらに鼻先を矧ぐ。頸部を水平に通る
      線で体部に矧ぎつける。体部は前肢後方と

     後肢前方にて前後3材矧ぎ。背面に1材を矧

     ぎ足すほか、全身各所に小材を矧ぎ足す。

     尾は別材製。表面は布貼、黒漆塗、漆箔。

     鬣は緑青彩。

 吽形 角は別材製。頭部は縦数材を前後に矧ぎ、

     頭頂に斜めに別材を矧ぎ足す。頸部を水平

     に通る線で体部に矧ぎつける。体部は後肢

     前方を通る線で前後2材矧ぎ。背面に1材を

     矧ぎ足し、前肢から胸にかけて臀部のほか、

     各所に小材を矧ぎ足す。尾は別材製。表面

     は布貼、黒漆塗、漆箔。鬣は群青彩か。

7.内   容
  補修が多い点は惜しまれるが、造立当初の形姿をよく伝える。躍動感のある力強い作風から鎌倉時代の作とみられ、湖西・愛知郡などを代表する狛犬である。
  現在は明壽院護摩堂にあるが、元来は三所権現社の狛犬と伝える。像内(吽形か)に数枚の修理札が納められており、最古のものは大永7年(1527)の墨書がある。
 「 権現コマイヌ再興政所南谷
  南仲坊 慶作者甲良保養寺里大工左衛門申者也
                大永七年丁亥四月五日」