愛荘町アフターコロナ中小企業等体制強化補助金のお知らせ

更新日:2020年07月03日

補助金の概要

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている町内中小企業者・個人事業主等が、三密対策や業務形態の見直し・事業開拓などアフターコロナを見据えて実施する取組に対して一部補助を行うことで、町内事業者の体制強化、新たな販路開拓を推進し、もって地域活性化に繋げることを目的とします。

補助金の詳細は交付要綱、募集要項を必ずご確認ください。


また、滋賀県が募集している「滋賀県新しい生活・産業様式確立支援金」については、消毒液・マスクなど2020年4月1日以降に発生する感染防止対策の取組みを対象にしています。

当補助金と併用も可能ですので、ぜひご活用ください。

補助率・補助限度額

補助対象経費の3/4(上限300,000円、下限75,000円)

※補助金交付額は千円未満は切り捨てとする。

※「キャッシュレス決済端末の導入による消費喚起に繋がる取組」に限っては、下限は設けない。

※補助対象経費が100,000円以上であること。(備品購入にあたっては耐用年数が1年以上で取得価格(税抜)が100,000円以上のもの〔1点あたり〕)

※補助対象経費は消費税および地方消費税を除いた額とする。

※補助対象となる事業について、他の補助金等を受給していないこと。

補助対象

令和2年4月1日時点で愛荘町内に主たる事務所または事業所を有する中小企業者・個人事業主等で、町税の滞納がないこと。

補助事業

※令和2年4月1日以降に実施する愛荘町内で行われる取組であって、令和3年3月31日までに事業を完了するもの

1.環境衛生面に配慮した感染症対策の取組

・備品購入および取付に要する経費

・感染症対策(三密防止)のための事務所・事業所改築に要する経費

2.キャッシュレス決済端末の導入による消費喚起に繋がる取組

・キャッシュレス決済の導入に要する初期費用

3.業務形態の見直しにかかる新たな販路開拓の取組

・オンライン取引に対応するシステム改修等に要する経費

・新たな販路開拓に即した事業所等の改築に要する経費

・移動販売に要する各種経費

・備品購入に要する経費

・新規事業実施のためのクラウドファンディング実施にかかる初期費用

4.地域資源活用や連携等による町の魅力向上または個人周遊に繋がる取組

・2団体以上の観光物産振興や農商工振興に資する連携企画

・新たな体験メニュー等着地型コンテンツの造成

・新商品の開発に要する経費

申請手続き

申請期間

令和2年7月3日から令和2年10月30日まで

申請方法

申請様式をダウンロードして記入・押印し、必要書類を添えて下記あて簡易書留で郵送してください。(感染拡大防止のため窓口への提出はご遠慮ください。)

申請書類

1.愛荘町アフターコロナ中小企業等体制強化補助金交付申請書

2.事業計画書(別紙1)

 (補助事業内容に関する補足説明資料があれば添付)

3.収支予算書兼補助対象経費積算明細書(別紙2)

 (補助対象経費にかかる見積書の写し、備品購入にあたっては機能が分かるカタログ等を併せて添付)

 ※以上は、このページからダウンロードできます。

4.事業概要・町内に主たる事務所または事業所を有していることが分かる書類

 [例:定款の写し、登記簿謄本の写し、個人事業の開業届出書の写し(受付印のあるもの)、公的機関発行許可書の写し、直近の確定申告書の写し(受付印のあるもの)、会社案内パンフレット・チラシ]

5.令和2年4月1日時点で町内で事業実施している証明書

 [例:令和2年3月~4月の公共料金支払済通知書の写し、令和2年3月~4月の売上を証する書類]

6.町税に未納がないことの証明(写し可、申請日前3ヶ月以内に発行されたもの)

 [例:町税完納証明書]

 

 

申請様式

この記事に関するお問い合わせ先

農林商工課(観光物産推進室)
〒529-1234 滋賀県愛知郡愛荘町安孫子825番地
電話番号:0749-37-8051
0749-37-8057
ファックス:0749-37-4444

メールフォームによるお問い合わせ