現在の位置

第23回ふるさと展(東出集落展)

更新日:2020年10月17日

会期:令和2年9月19日(土曜日)から令和2年10月18日(日曜日)

当時の田畠を詳細に記す、東出村の「地券取調総絵図」(明治六年)および「字限図」には、「字安孫子」の名称が明記されており、字中央の藪地にはコの字型の堀が残されているのがわかります。安孫子城の跡であると伝えられ、南安孫子村の城跡を安孫子南城と称するのに対して、安孫子北城と呼ばれます。安孫子日向守の屋敷であったと記され、そのため、東出村は安孫子庄の中でも中心的な位置付けで、安孫子庄の親郷と称されました。

また、秦川山は安孫子庄内であり、安孫子領主が支配しました。山年貢は安孫子城お膝元の東出村が管理しており、「秦川山論絵図」の筆頭には東出村が署名しています。

堅井之大宮の例大祭においても東出村の特異性が見られます。古くは安孫子城主の氏神が大宮であったことから、祭礼の運営に絶対的な権限(宮世話)を許されていたことなど、「東出村誌」大宮祭礼の「覚」などからも窺えます。

これらの資料を今回は展示して、安孫子庄における東出村を紹介します。

開催場所

愛荘町立歴史文化博物館 エントランスロビー

(エントランスロビーのみの入場は無料です)

展覧会配布資料

この記事に関するお問い合わせ先

歴史文化博物館
〒529-1202
滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺878番地
電話番号:0749-37-4500
ファックス:0749-37-4520
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ