• 紙本著色矢取地蔵縁起絵巻(室町時代、享徳2年〈1453〉、愛荘町指定有形文化財)※限定公開

  • 木造獅子狛犬(南北朝時代、貞和4年〈1348〉、愛荘町指定有形文化財)※特別展示室にて公開

  • 懸仏 阿弥陀如来立像(室町時代、金剛輪寺蔵)※特別展示室にて公開

  • 漆塗太鼓形酒筒(室町時代、愛荘町指定有形文化財、金剛輪寺蔵)※エントランスロビーにて公開

  • 紙本著色愛智河架橋絵巻(江戸時代、愛荘町指定有形文化財)※限定公開

博物館「玉水苑」心字池脇の紅葉にモリアオガエルが産卵(黄白色の泡状の卵塊)しました。
【令和2年6月12日更新】

【お知らせ】臨時休館のお知らせ

7月10日(水曜日)から7月19日(金曜日)まで、展示替えのため臨時休館いたします。
なお、埋蔵文化財発掘の届出等のお問い合わせについては、通常通り受付をしておりますので、お間違いないようによろしくお願いします。

【開催予告】令和6年度夏季特別展「道からひも解く愛荘の景観」

 道は、人や車などが往来するための場所であり、私たちが生きていく上では必要不可欠なものとなっています。道は他地域とつながることで、人や物だけでなく、情報や文化を交流させたことで、そのまち特有の景観形成に影響を与えてきました。愛荘町においても例外ではなく、道によって愛荘町の景観は現代まで重層し、育まれています。
 そこで本展覧会では、愛荘町の「道」をキーワードに、「モノの道」、「お参りの道」、「人々が眺めた道」の3つの観点から、愛荘町の景観が持つ魅力を考えていきます。

令和6年度夏季特別展チラシ

●会期
令和6年7月20日(土曜日)から9月1日(日曜日)

●開館時間
10:00から17:00
※入館は16:30まで

●休館日
月・火曜日(祝日は開館)

●入館料
一般300円(250円)、小・中学生150円(100円) 
※( )うちは20名以上の団体料金
※愛荘町在住者は無料

●無料入館日
 令和6年7月27日(土曜日)・28日(日曜日)、8月24日(土曜日)・25日(日曜日)

●展示解説
開催日:令和6年7月28日(日曜日)、8月25日(日曜日)
時間:11:00~11:30/14:00~14:30
会場:歴史文化博物館企画展示室

令和6年度 愛荘知る学講座(古文書講読会)受講者募集!!          

令和6年度 子ども能楽教室 新規生徒募集!!                    

【募集終了しました】令和6年度 博物館実習生募集について

郷土の偉人館・西澤眞藏記念館

リンク